ゲームキューブで発売された、3DACTのマリオシリーズ『スーパーマリオサンシャイン 』。マリオ一行がバカンスにきているという設定で、作品のテーマが南国(常夏)というマリオシリーズ本編としては異色な作品。そのコンセプトやポンプを背負ったアクションがセットになったこと、そして当時納期優先だった任天堂の方針の影響もあったのか、らしくないステージバリエーションの少ない作品になってしまいました。

アクションそのものの出来は素晴らしいものだし、グラフィック、特にGCの処理能力をかなり使ったという水の表現もいいので、テーマを絞ったことによる影響を強く受けてしまった惜しい作品です。


クリアまでの道筋も、必ず通過しなければならないステージがあったりとなんだか窮屈。基本的には前作にあたるマリオ64を踏襲していて自由度が高いステージ構成なんだけど、調整不足というかマリオっぽくない理不尽な死に方をしてしまうステージや、減少したボリュームを補うための、コイン集めによる露骨な水増しがあって残念。

マリオ64で3Dアクションの面白さに目覚めたユーザーに向けたさらなる高みのような作品で、操作も複雑化してしまって敷居が高くなり、GCの不振も伴ってマリオシリーズ本編としては売上も悪かった。制作期間が足りなかったからかクッパステージも寂しいものに。

それでもマリオシリーズだけあってクリアする所まではアスレチックステージもあって楽しめたんだけど、他のマリオ作品のようにコンプリートするまで熱中させてくれる魅力は無かったかな。コイン集めは面倒なだけで面白くないんだもの。マリオシリーズならステージ構成の多彩さでもっと見せて欲しかった。

ここでの反省を受けて2D的な楽しみを強化した『スーパーマリオギャラクシー』に繋がっていったんだろうなあ。ベースは悪くないだけに、マリサンもリメイクなりでもう一度日の目を見てみたいものです。

スーパーマリオサンシャイン
メーカー:任天堂
ジャンル:3Dアクション
発売日:2002.07.19
価格:6,800円(税別)
プレイ人数:1人

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で