3月の発売以来好調な販売が続く任天堂のハイブリッドコンソール「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」ですが、任天堂はソフトメーカーとしても存在感を示しており、9月までに発売した5本のパッケージタイトルがミリオンセラーを達成しています。

任天堂、4-9月はスイッチで4本のミリオンセラー

4〜9月に100万本を上回るセールスを達成したのは『マリオカート8 デラックス』『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『ARMS』の4タイトル。最も売れたのは『マリオカート8 デラックス』の442万本でした。

累計では『ゼルダの伝説 BotW』が470万本で首位キープ。ローンチタイトルの『1-2-Switch』(9月末までに137万本)も含め、9月までに発売したパッケージタイトル5本で世界ミリオンを達成しています(『ポッ拳 DX』はポケモンから発売)。

任天堂 ミリオンセラータイトル 2017年4-9月

  • マリオカート8 デラックス – 442万本(国内87万本/海外356万本)
    累計:442万本
  • スプラトゥーン2 – 361万本(国内156万本/海外205万本)
    累計:361万本
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 193万本(国内29万本/海外165万本)
    累計:470万本
  • ARMS – 135万本(国内30万本/海外105万本)
    累計:135万本

『マリオカート8 デラックス』は7-9月に88万本(国内18万本/海外71万本)を販売。『ゼルダの伝説 BotW』は77万本(国内8万本/海外70万本)を販売しており、特に海外でまだまだ人気は持続。国内では『スプラトゥーン2』が強烈に本体を牽引し、期間内の本体セールス292万台に貢献しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で