ゲームプレイ動画撮影にあらかじめダウンロードといった公式に発表された情報に加えて、USB接続を通じたワイヤレスヘッドセット/ヘッドホンの使用にも対応するなど、様々な機能が追加された Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) の本体システムバージョン「4.0.0」ですが、このアップデートでは、さらに面白い機能が追加されていることが明らかになりました。

バージョン 4.0.0 ではなんと、ゲームキューブコントローラのサポートが秘密裏に追加。「Wii U用ゲームキューブコントローラ接続タップ」を接続することで、GCコン操作でスイッチのゲームを楽しむことができます。

GameXplain では、実際に接続タップ経由でGCコンを使い『ファイアーエムブレム無双』を遊んでいる様子をアップ。

ボタン数の違いから、操作ボタンが足りない部分もあるものの、スイッチ対応コントローラの1つとして、全てのスイッチタイトルで使用することができると伝えています。

「Wii U用ゲームキューブコントローラ接続タップ」は、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』発売の際に発売された Wii U 向けの周辺機器。『スマブラ』のゲームプレイにおいて根強い人気を持つゲームキューブコントローラ対応を望む声が多かったことから、製品化が実現しました。

任天堂から公式アナウンスはありませんが、標準コントローラーとは異なるボタン数のゲームキューブコントローラが任天堂純正の「接続タップ」を介してスイッチに対応したことは、今後GCコンを使うコンテンツが発売されるのでは?と見ることもでき(例えば、スイッチの発売前から噂があるバーチャルコンソールであるとか)、オフィシャルの動向が注目されるところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で