GfK から、イギリス小売市場の販売データに基づいた最新の UK チャート(2017年10月15日~10月21日週)が発表され、『FIFA 18』を退けた『グランツーリスモ』シリーズ4年ぶりの新作『グランツーリスモSPORT』が初登場1位を飾ったことが明らかになりました。

待望の発売となった PlayStation 4 向け『GT』新作は、事実上オンライン専用タイトルでありながら、2013年の『グランツーリスモ6』を上回るローンチセールスを記録。『FIFA 18』の連続首位は昨年と同じく3週でストップすることとなりました。

新作2番手は前作『South Park: The Stick of Truth』と同規模の販売となった Ubisoft の『South Park: The Stick of Truth』が獲得。3番手は Take-Two / 2K の『WWE 2K18』が4位デビュー。GfK / Ukie によると、『WWE 2K18』の販売本数は前年版の『WWE 2K17』から減少したものの、通常版よりもより高価なコレクターズ・エディション(129.99ポンド)やデラックス・エディション(79.99ポンド)により収益面では前作を上回っているということです。

グランツーリスモSPORT  - PS4
グランツーリスモSPORT – PS4
メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日: 2017-10-19

任天堂関連タイトルでは、20日金曜に発売された『ファイアーエムブレム無双』(Nintendo Switch / Newニンテンドー3DS)が16位に入りました。

任天堂キャラクターとのコラボ無双としては、2014年の『ゼルダ無双』(初登場3位)に続く第2弾タイトル。近年は『ファイアーエムブレム』も海外人気が高まってきてはいますが、ゼルダほどの好順位とはいきませんでした。

その他新作では『Elex』が25位で、ローグ・トルーパーのリマスター版『Rogue Trooper Redux』が37位でデビューしています。

任天堂関連タイトルのトップは新作の『FE無双』ではなく15位に入った『マリオカート8 デラックス』。11位から4ランクダウンしています。Nintendo Switch 用ソフトのもう1つの定番『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も今週は22位に後退しトップ20外へ。『スプラトゥーン2』は39位でした。Ubisoft の『マリオ + ラビッツ キングダムバトル』は4ランクアップして20位。『レイマン レジェンド for Nintendo Switch (Rayman Legends: Definitive Edition)』は34位でした。

3DS用ソフトでは『Miitopia (ミートピア)』が40位に入っています。

UKチャート トップ20: 2017.10.15 ~ 10.21

  1. (–) GRAN TURISMO: SPORT – SIE
  2. (1) FIFA 18 – ELECTRONIC ARTS
  3. (–) SOUTH PARK: THE FRACTURED BUT WHOLE – UBISOFT
  4. (–) WWE 2K18 – TAKE 2
  5. (2) MIDDLE-EARTH: SHADOW OF WAR – WARNER BROS. INTERACTIVE
  6. (3) THE EVIL WITHIN 2 – BETHESDA SOFTWORKS
  7. (4) DESTINY 2 – ACTIVISION
  8. (7) GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  9. (4) FORZA MOTORSPORT 7 – MICROSOFT
  10. (8) クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! – ACTIVISION
  11. (10) THE LEGO NINJAGO MOVIE VIDEOGAME – WARNER BROS. INTERACTIVE
  12. (5) FORZA HORIZON 3 – MICROSOFT
  13. (9) LEGO WORLDS – WARNER BROS. INTERACTIVE
  14. (13) バイオハザード7 レジデント イービル – カプコン
  15. (11) マリオカート8 デラックス – 任天堂
  16. (–) ファイアーエムブレム無双 – 任天堂
  17. (31) LEGO CITY UNDERCOVER – WARNER BROS. INTERACTIVE
  18. (12) FALLOUT 4 – BETHESDA SOFTWORKS
  19. (18) NBA 2K18 – 2K SPORTS
  20. (24) マリオ + ラビッツ キングダムバトル – UBISOFT

スイッチチャートを見ると『FE無双』は2位に初登場。遅れて発売された『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』は12位、同じく『NBA 2K18』は13位。『Syberia』は30位に入りました。

Nintendo Switch チャート トップ20

  1. (1) マリオカート8 デラックス – 任天堂
  2. (–) ファイアーエムブレム無双 – 任天堂
  3. (5) マリオ + ラビッツ キングダムバトル – UBISOFT
  4. (2) ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 任天堂
  5. (6) LEGO WORLDS – WARNER BROS. INTERACTIVE
  6. (4) レイマン レジェンド for Nintendo Switch – UBISOFT
  7. (3) FIFA 18 – ELECTRONIC ARTS
  8. (7) スプラトゥーン2 – 任天堂
  9. (11) LEGO CITY UNDERCOVER – WARNER BROS. INTERACTIVE
  10. (8) ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX – 任天堂/ポケモン
  11. (9) 1-2-Switch (ワンツースイッチ) – 任天堂
  12. (–) THE LEGO NINJAGO MOVIE VIDEOGAME – WARNER BROS. INTERACTIVE
  13. (–) NBA 2K18 – TAKE 2
  14. (12) ARMS – 任天堂
  15. (13) MINECRAFT: STORY MODE – COMPLETE ADV.- TELLTALE GAMES
  16. (18) カーズ3 勝利への道 – WARNER BROS. INTERACTIVE
  17. (15) THE BINDING OF ISAAC: AFTERBIRTH+ – MERGE GAMES
  18. (10) SINE MORA EX – THQ NORDIC
  19. (14) ドラゴンボール ゼノバース2 – バンダイナムコエンターテインメント
  20. (16) JUST DANCE 2017 – UBISOFT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で