Nintendo Switch:「すれちがい通信」や「Miiverse」は見送り、SNS共有は既存サービスを利用

Nintendo Switch - HOME メニュー

据置型ゲーム機でありながら、携帯型ゲーム機のように屋外へ持ち運びができる任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」ですが、携帯型ゲーム機であるニンテンドーDSや3DSにあった「すれちがい通信」は対応通信サービスに含まれていないようです。

また任天堂が Wii U で立ち上げ、その後ニンテンドー3DSでも利用可能となったゲームSNS「Miiverse」も Nintendo Switch のサービスには含まれていません。

Nintendo Switch は、すれちがい通信も Miiverse も特色としない

任天堂アメリカの広報担当アシスタントマネージャー David Young 氏がニューヨークで開かれた Nintendo Switch のイベントで VentureBeat の取材に応じ、すれちがい通信も Miiverse も、Nintendo Switch のサービスにはないことを明らかにしました。

Youg 氏は取材に対して、「私の言えるこたえは、任天堂は Nintendo Switch で Miiverse を使うつもりはないということです」と回答。

また持ち運びも出来る任天堂のゲーム機でありながらすれちがい通信が搭載されない理由については、外出時でも遊べるプレイモードがあるにせよ、任天堂は Nintendo Switch をあくまでホームコンソールとして位置づけ設計しているためだと説明します。

Nintendo Switch にはキャプチャーボタンがあり、プレイ中のゲームのスクリーンショットや動画を撮影し(動画は将来的に対応予定)SNSへ投稿する機能がありますが、SNS共有は任天堂独自のソーシャルサービスを使うのではなく、既存のメディア、サービスを利用する方向へ進みそうです。

「すれちがい通信」は、すれちがい通信機能を設定してある近くのニンテンドーDSやニンテンドー3DS同士、あるいは無線LANスポットから、自動でデータの送受信が行われる通信機能。たとえば『とびだせ どうぶつの森』では、すれちがった人の家が住宅展示場に並び、家の中を見学したりすることができます。

【Amazon.co.jp限定】【液晶保護フィルム多機能付き(任天堂ライセンス商品)】Nintendo Switch Joy-Con(L)/(R) グレー+専用スマートポーチ(EVA)ブラック+マイクロファイバークロス
Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-3-3

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible