任天堂、WiiUの『Wii U Chat』や『Nintendo TVii』『Miiverse』を終了へ

任天堂は29日、Wii U で提供していたサービス『Wii U Chat』や『Nintendo TVii』、『Miiverse』を、2017年11月8日15時をもって終了すると発表しました。

Wii U のネットワークサービス『Wii U Chat』や『Nintendo TVii』『Miiverse』が終了へ

Wii U Chat

『Wii U Chat』は、Wii U の内蔵ソフトの1つで、カメラのついた Wii U GamePad を使って、離れた家族や友達と気軽に TV 電話ができるサービスでした。無料で利用することができ、では本体の普及次第で機能がアップデートされ、Wii U 本体同士だけではなく他のモバイルデバイスとも接続できるようになるなどの計画もあったようですが、実現することはないままサービスが終了となります。

サービス終了後はエラーコード「102-2882」がサービス終了のメッセージ「このネットワークサービスは終了しました。ご利用ありがとうございました。」とともに表示されます。

Nintendo TVii(ニンテンドーティービー)

『Nintendo TVii(ニンテンドーティービー)』は、Wii U GamePad を使って、手軽にテレビ番組の情報をチェックできるサービス。海外では動画配信サービスやSNSとも連携するなど、テレビ視聴の楽しさを広げるサービスとして Wii U 立ち上げと同時に導入されました。国内版は番組表以上のことができず、遂にサービス終了です。

サービス終了後はエラーコード「102-2882」がサービス終了のメッセージ「このネットワークサービスは終了しました。ご利用ありがとうございました。」とともに表示されます。

Miiverse (ミーバース)

Wii U の特徴の1つだった「Miiverse」ですが、これも終了に。Wii U 番だけでなくニンテンドー3DS版、ウェブ版も終了となるようです。サービス終了にともなって、自身の投稿をダウンロードできるサービスが、ウェブ版にて期間限定で提供予定。

「Miiverse」がなくなれば、Wii U を起動して最初に表示される「わらわら広場」も意味をなさなくなりますが、起動画面も変更となるのでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。