[更新] 噂:任天堂、WiiU/3DSのソーシャルサービス『Miiverse』終了を計画か

[追記]
8月29日、任天堂は『Miiverse』のサービス終了を正式に発表しました。Wii U 版だけでなく、ニンテンドー3DS版やウェブ版も含めて、2017年11月8日15時をもってサービスが終了します。

任天堂は18日、一年ぶりとなる Wii U 本体の最新システムバージョン「5.5.2」をリリース。その内容は「システムの安定性や利便性の向上」だという、大きな修正や変更を示すものではありませんが、このアップデートには Miiverse の終了を示す、気になるテキストが含まれているようです。

Miiverse の終了が近い?Wii U「Ver. 5.5.2」の解析からサービス終了をにおわせるテキストが見つかる

海外の情報解析者が見つけたという情報によると、任天堂が18日にリリースした Wii U 本体の最新システムバージョン「5.5.2」の中に、Miiverse の終了を示すテキストが含まれていました。

“The Miiverse service has ended. Miiverse and any software features that make use of Miiverse are now unavailable.”

Miiverse のサービスは終了いたしました。Miiverse と、Miiverse を利用するソフトウェアの機能は現在ご利用いただくことはできません。

「Miiverse (ミーバース)」は、2012年の Wii U 発売とともにスタートした、任天堂のソーシャルネットワークサービス。じぶんのゲーム体験を、テキストや手描きイラスト、画像、スタンプ、 Mii の表情といった様々なかたちで世界中のユーザーと共有し、コミュニケーションを楽しむことができます。2013年からはニンテンドー3DSファミリーにも対応しています。その後、2015年に大幅リニューアルが実施され、スクリーンショットを簡単に保存できるアルバム機能やプレイ日記などの機能が追加。

Miiverse は SNS として利用できるだけでなく、ゲームとの連携もあり、特に『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『スプラトゥーン』では、ゲームの楽しみを広げる、遊びを盛り上げる役割をはたしていました。一方で、Web 版に広告が掲載されるようになるなど、無料で運営し続けることは難しく、収益化に苦戦している印象も。

Wii U 本体は生産がすでに終了。任天堂は無料で提供している Wii U のオンラインサービスについて、恒久的にではないにせよ、当面の間は続けていくと表明しています。

任天堂は最新ハード「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」で、SNS 機能を外部の人気・著名サービス、Twitter や Facebook に任せ、自社の Miiverse には対応しないと判断。

Wii U と一緒にはじまった Miiverse は、いつかくる Wii U のオンラインサービス終了とともにサービス終了、あるいは 3DS 版を残して縮小へ向かうこととなるのかもしれません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible