バンダイナムコホールディングスが8日、2014年3月期の通期連結業績を発表しました。売上高は5,076億7,900万円(前期比+4.2%)、営業利益は446億7,200万円(-8.2%)、経常利益は474億5,600万円(-5.0%)、純利益はアミューズメント施設事業で店舗閉鎖などの特別損失を計上した結果、250億5,400万円(-22.6%)の増収減益でした。

日本、アジア向けが前期比でプラスに推移した一方で、欧米はマイナスとなっています。

コンテンツ事業は前期比プラス

家庭用ゲームソフトを含むコンテンツ事業の売上高は2,784億0,800万円(前期比+5.6%)、営業利益は372億4,800万円(+2.2%)でした。

家庭用ゲームソフトでは、『DARK SOULS II』や『GOD EATER 2』がヒットしたほか、『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』や前期の『太鼓の達人』シリーズなどのリピート販売が好調。また、ネットワークコンテンツでも『ワンピースグランドコレクション』や『機動戦士ガンダム』シリーズ、『アイドルマスター』シリーズなどが安定的に推移。スマートフォン向けアプリやオンラインゲームも業績向上に貢献したとのこと。

売上は、家庭用ゲームソフトが849億円(前期比+0.5%)、業務用ゲーム機が770億円(+7.2%)、ネットワークコンテンツが684億円(+15.5%)、映像音楽が371億円(-2.9%)でした。

家庭用ゲームソフトは『DARK SOULS II』の120万本など計2228万本

家庭用ゲームソフトは、グループ合計で207タイトル2,228万2,000本を販売(ローカライズ版控除後は82タイトル)。

主な販売タイトルの実績としては、『ダークソウル 2』の120万本を筆頭に、『ゴッドイーター2』が70万本、『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』が62万本、『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』が55万本、『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』が50万本。

2015年通期では、発売タイトルを絞り込んで新規136タイトル1,910万本の販売を目指します(ローカライズ版控除後は60タイトル)。うち国内は740万本の計画。

その他、トイホビー事業の売上高は1,863億9,000万円(前期比+7.8%)、営業利益は105億1,000万円(-6.6%)。アミューズメント施設事業の売上高は581億9,900万円(-3.3%)、営業損失は8億9700万円でした。

キャラクター別売上: ガンダムが800億円越えでトップ

グループ全体のキャラクター別売上は、『機動戦士ガンダム』が802億円でトップ。2012年から女児向けの新規IP『アイカツ!』が159億円もの規模に急成長を見せています。

また、アニメ放送開始以降大ブームとなっている『妖怪ウォッチ』商品も人気で、2015年3月期は国内トイホビー事業において、『ワンピース』(35億円)や『ドラゴンボール』(55億円)を上回る70億円が見込まれています。

  • 802億円(前期比+23.0%) – 機動戦士ガンダム
  • 307億円(-9.7%) – 仮面ライダー
  • 268億円(-20.9%) – ワンピース
  • 253億円(+21.6%)- スーパー戦隊(Power Rangers)
  • 159億円(+783.3%) – アイカツ!
  • 114億円(+28.0%) – ドラゴンボール
  • 105億円(-9.5%) – プリキュアシリーズ
  • 103億円(+3.0%) – アンパンマン

1,000億円規模に手が届くのか気になる『機動戦士ガンダム』ですが、2015年3月期の通期計画は690億円見込みと堅実(ただし国内トイホビーは184億円から210億円へと拡大)。他フランチャイズも手堅い計画となっています。

バンダイナムコHDは2015年3月期、売上高5,000億円、営業利益450億円、経常利益450億円、純利益280億円を見込んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で