楽天は1月26日、ウォルマート・ストアーズと電子商取引分野(EC)での提携を発表しました。まず2018年9月までに、楽天と、ウォルマート社の日本子会社である西友が新会社を立ち上げ、日本国内でネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を展開します。

楽天×ウォルマート(西友):国内で「楽天西友ネットスーパー」を展開

楽天がウォルマート傘下の西友と組んで、ネットスーパーを展開します。ネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」では、西友の強みである「質」と「低価格」の両方を実現した生鮮食品や日用品だけでなく、時短のニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなども取り揃えます。楽天ならではのお取り寄せグルメも販売します。西友の実店舗からの配送に加えて、2018年内にはネットスーパー専用の配送拠点も開設予定。

経済圏拡大を目指している楽天の運営するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」も「楽天西友ネットスーパー」に対応。買い物でポイントを貯めたり使ったりできるようになるということです。

生鮮食品を扱うネットスーパーは、そもそも食品の扱いが難しいこともあって、まだこれといった決定打が出ていない状態。全国に340店舗を持つ西友と組めたのは面白いかもしれません。

米国では電子書籍サービス「楽天Kobo」を展開

アメリカの展開では、米国における「楽天Kobo」の量販店として、ウォルマート社が独占販売を行うことで合意。2018年内に、楽天Koboが取り扱う数万の出版社および数十万の著者による電子書籍、オーディオブック約600万作品が、「Walmart.com」で購入できるようになります。4000を超える実店舗では、デジタルブックカードの販売も行われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で