コナミ、『ウイイレ2017』のマラドーナは「ライセンス元との契約内で適切に使用」

コナミは3日、サッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、自身の許可無く『ウイニングイレブン 2017』(海外名:PES 2017 -Pro Evolution Soccer-)に使われているとして法的措置を取る考えを示していることについて、ライセンス元との契約に基づいて、適切に使用しているとのリリースを発表しました。

コナミ、「シャペコエンセ」へ義援金を寄付。『ウイイレ2017』の「DP3.0」で新エンブレムとボール「フォルサシャペ」を追加してクラブ再建を祈念

コナミデジタルエンタテインメントは7日、『ウイニングイレブン2017』(海外名:『PES 2017 -Pro Evolution Soccer-』)に収録されているブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」へ義援金を寄付したと発表しました。

PS4/PS3『ウイイレ2017』に基本無料の“Lite”が登場、製品版ユーザーとも対戦できる「myClub」やe-Sports専用モード「PES LEAGUE」搭載

コナミは24日、PS4/PS3『ウイニングイレブン2017』の「データパック2.0」をリリースする一方で、基本プレイ無料(一部アイテム課金あり)のPS4/PS3『ウイニングイレブン2017 Lite』をリリースしました。

コナミ、品質向上が『ウイイレ(PES)』シリーズの売上回復につながると期待

EAの『FIFA 17』に先んじて発売されたコナミのサッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズ最新作『PES 2017 (ウイイレ2017)』。売上が低迷している『ウイイレ』シリーズですが、コナミはゲームクオリティの向上がシリーズの売上回復につながると見込んでいます。

『ウイイレ2017』に収録されるサッカー日本代表やACL出場Jチーム選手の勇姿

9月15日に発売予定のPS4/PS3『ウイニングイレブン2017』。コナミから、本作に収録されるサッカー日本代表の、リアルさを増した一部選手のフェイスデータや、ACL 2016出場チームの画像が公開されています。

コナミ、CBFと契約締結し『ウイイレ2017』にブラジル1部リーグをフルライセンス収録

コナミとCBF(ブラジルサッカー連盟)は29日のイベントで、26日に予告していた両社間のパートナーシップ締結を正式発表しました。ブラジル全国選手権(Campeonato Brasileiro)が、フルライセンスで『ウイニングイレブン2017(PES 2017)』に収録されます。

『ウイイレ2017』、アルゼンチン1部リーグ30クラブを収録。リーベル・プレートとはオフィシャルパートナー契約

コナミは26日、アルゼンチンリーグの最多優勝記録36回を誇る名門「リーベル・プレート」とオフィシャルパートナー契約を締結したと発表しました。今回の契約締結により、9月15日に発売予定の『ウイニングイレブン2017 (海外版:PES 2017)』において、白地に赤いたすきが印象的な公式ユニフォームが再現されるほか、ホームスタジアム「エル・モヌメンタル」を搭載するなどリーベル・プレートの魅力を楽しめる

『ウイニングイレブン2017』の収録ライセンスとスタジアムリスト

『ウイニングイレブン2017』の搭載ライセンスとスタジアムのリストです。オフィシャルパートナーシップ締結が発表されているバルセロナやリヴァプール、ドルトムント、そして先に発表されていたアーセナルは実名収録。エールディヴィジやリーグ・アン、リーグ・ドゥはリーグも実名です。オフィシャルパートナーの発表が大々的に行われている一方で、スペインリーグは偽名に逆戻りし、レアル・マドリードなどは架空チーム名に。