3DSでリメイク、『ルイージマンション』はハロウィーンの10月に海外発売。『amiibo』にも対応

任天堂は21日、ニンテンドー3DSで2018年内の発売を予定しているアクションアドベンチャーゲーム『ルイージマンション』について、北米で10月12日に、欧州で10月19日に発売日が決定したと発表しました。ハロウィーンに合わせて、初代『ルイージマンション』のリメイクが発売です。

3DS向けリメイク『ルイージマンション』の開発は『時オカ3D』『ムジュラ3D』などのグレッゾが担当

2018年内にニンテンドー3DSで発売予定のリメイク版『ルイージマンション』がオーストラリアのレーティング機関 ACB の審査を通過し、開発元がグレッゾであることが明らかになりました。ちなみにレーティングは一般とMレーティングの中間にあたる「PG (Parental Guidance)」でオリジナル版と同じ。『ルイージマンション2』は一般の「G」でした。

【ルイージマンション】どう変わった?ゲームキューブ版と3DS版のグラフィック比較映像

ニンテンドー3DSでリメイクが発表された、ルイージの主演作品『ルイージマンション』。オバケを吸い込む掃除機型マシン「オバキューム」を使ったアクションやルイージの豊かな表情、仕掛けいっぱいの洋館での謎解きを楽しめるアドベンチャーゲームですが、2001年にニンテンドーゲームキューブで発売されたオリジナルバージョンとの比較映像が動画メディアの GameXplain から公開されています。

ファンアート:『ルイージマンション2』を題材にした、思わずため息が出るような素晴らしいクオリティのジャック・オー・ランタン

もうすぐハロウィーンということで、街には仮装グッズやおなじみジャック・オー・ランタンをよく見かける時期ですが、今年は3DS『ルイージマンション2』を題材にした、思わずため息が出るような素晴らしいジャック・オー・ランタンが制作されたようです。怯えた表情のルイージと、バックにぼんやりと浮かび上がるテレサがグッド。

ドットマリオクッションを思い出す、8ビットマリオ/ルイージ/リンクのぬいぐるみが「World of Nintendo」に登場

海外で任天堂公式ライセンストイを手がける Jakks Pacific が、そのブランドである「World of Nintendo」の新作として「8-Bit Plush(8ビット ドット絵 ぬいぐるみ)」シリーズを発表しました。 第1弾のキャラクターはマリオ、ルイージ、リンクで、7月に発売予定。

WiiU『進め!キノピオ隊長』にも隠しルイージが収録

2013年11月に発売されたWii U『スーパーマリオ 3Dワールド』からのスピンオフとして登場する、キノピオ隊長の初主演タイトルWii U『進め!キノピオ隊長』。本作のステージ中にも、『New スーパールイージ U』や『スーパーマリオ 3Dワールド』にも仕込まれていたルイージのイメージが隠されていることが明らかになりました。
Read more“WiiU『進め!キノピオ隊長』にも隠しルイージが収録”

祝『ルイージマンション2』300万本。任天堂・宮本茂氏がNext Level Gamesへ贈ったサイン入り記念イラスト色紙

2013年3月、およそ12年ぶりにルイージ主演作の最新作『ルイージマンション2』が発売されました。任天堂の想定を上回る世界累計300万本セールス(国内でもミリオン突破、2014年3月時点で300万本どころか398万本と400万本目前)を記録するなど、昨年の3DSをけん引したタイトルの1つでした。開発元のNext Level Gamesは、タイトルの成功を祝福する意味で任天堂の宮本茂氏から贈られたと

ホワイトハウスの「イースター・エッグ・ロール」ハイライト、マリオブラザーズやアングリーバード、LEGOムービーのエメットらの姿も

4月21日、清々しい晴天の下で、136回目を迎えたホワイトハウスのイースター・エッグ・ロールが、オバマ大統領の司会で開催されました。集まった市民はのべ3万人以上という大規模なイベントに任天堂も協賛。Wii Uのソフトが野外で遊べただけでなく、マリオブラザーズも参加し、ファンと写真撮影をするなどしてイベントを盛り上げました。