『ドラゴンボール ファイターズ』が世界累計200万本を突破、『ドラゴンボール』ゲーム史上最速で達成

バンダイナムコエンターテインメントは2月1日、『ドラゴンボール』ゲームシリーズの最新作『ドラゴンボール ファイターズ』が世界累計200万本の出荷を達成したと発表しました(ダウンロード版を含む)。

『DARK SOULS: REMASTERED』はクロスプレイできる?海外発売元のバンダイナムコが対応との噂を否定

PlayStation 4 と Xbox One、PC、そして Nintendo Switch に対応する『DARK SOULS: REMASTERED』。初代『ダークソウル』がリマスターされ、現行機種で発売されます。 リマスター版ではオンラインプレイの仕様が変更となっていることから、異なるプラットフォーム間でのオンラインプレイ、いわゆるクロスプラットフォームプレイ(クロスプレイ)をサポートする可

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』が Nintendo Switch に対応、DLC全部入りのデラックス版

バンダイナムコエンターテインメントは16日、家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介するウェブ番組「ガンダムゲーム新春まつり2018」をを放送。番組内で『SDガンダム GGENERATION GENESIS(エスディーガンダム ジージェネレーション ジェネシス)』の Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 版を、2018年4月26日に発売すると発表しました。スイッチにガンダムゲームが

スイッチ版『ドラゴンボール ゼノバース2』が世界50万本を突破、前作の物語を楽しめる「レジェンドパトロール」が期間限定で無料配信

バンダイナムコエンターテインメントが2017年9月に発売したニンテンドースイッチ用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』の全世界累計出荷本数が50万本を突破しました(DL版込み)。これを記念して、前作『DBXV』の物語を楽しめる「レジェンドパトロール」が期間限定で無料配信されます。

バンダイナムコ、2018年4月以降から夏にかけ Nintendo Switch で独占タイトルを発売へ「3本のビッグタイトルをワールドワイドに展開」

2017年9月末までに、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」対応ソフトとして『ナムコミュージアム』『ONE PIECE アンリミテッドワールドR』『ドラゴンボールゼノバース2』の3タイトルを、バンダイナムコエンターテインメントから発売しているバンダイナムコホールディングス。 今後も『ワンピース 海賊無双3』が予定されているなど、現在は既存タイトルの移植

【比較】『ワンピース 海賊無双3』Nintendo Switch版『デラックスエディション』の特徴や他機種版との違い

2015年3月にPlayStationプラットフォーム向けに発売されたワンピース×無双アクション『ワンピース 海賊無双 3』が、追加コンテンツをあらかじめ収録した『ワンピース 海賊無双 3 デラックスエディション』となって、Nintendo Switchに登場。2017年12月21日発売で、価格は6,380円(税込)。 ゲーム本編に加えて、他機種版で配信されているコスチュームやチャレンジエピソード

バンダイナムコ、Nintendo Switch版『ドラゴンボール ゼノバース2』が想定以上の売れ行き

バンダイナムコエンターテインメントが9月7日に発売した『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』。オリジナル版から10ヵ月遅れて Nintendo Switch に登場した『ゼノバース』シリーズ第2弾ですが、バンダイナムコの想定以上に好調な滑り出しとなっているようです。

バンダイナムコ、「澪標アナリティクス」と資本業務提携。ゲーム業界のデータ分析に強みを持つコンサル企業

バンダイナムコエンターテインメントは30日、コンサルティング企業の澪標アナリティクスと資本業務提携で合意したと発表しました。 澪標アナリティクスは、ゲーム業界のデータ分析に強みを持つコンサルティング企業。バンダイナムコエンターテインメントはネットワークを通じたコンテンツやサービスを数多く提供していて、スマートフォン向けゲームアプリでこれまでも行っているデータ分析をより強化していくことが、今後の事業