[映画] 茄子 アンダルシアの夏

2003年に公開されたアニメーション映画『茄子 アンダルシアの夏』。主演のペペ役の声優が北海道出身の大泉洋ということで気になっていた作品です。1時間に満たない短編で中身もスピード感を感じられる作品だと思います。今や俳優としても有名になった洋さんですが、道産子的には『水曜どうでしょう』のイメージが強いので、俳優としてもそうですが真面目に演じているところを見ると不思議な感じがありますね。

“ツール・ド・フランス”“ジロ・デ・イタリア”と並ぶ世界3大自転車レースの一つ“ブエルタ・ア・エスパーニャ”。スペインを一周するこのレースに挑むペペ・ベンネリは、解雇寸前の落ち目のレーサーだ。やがて故郷アンダルシアの村にさしかかる。かつて失望を味わったその土地は、過去に葬り去りたい場所だった。その日はちょうど兄アンヘルと、昔ペペの恋人だったカルメンの結婚式。ペペは疾風のように駈け抜ける。勝つことよりも、自分が存在する意味を見出すために…。

ジブリ作品ではないんだけど、数多くのジブリ作品で作画監督を務め、宮崎駿監督の右腕と呼ばれる高坂希太郎が監督ということもあってか、随所にジブリ臭さを感じる作品です。絵柄もそうだし、各キャラクターのノリもそう。猫が可愛かったり、料理がやたら美味しそうだったりね。

それにしても主人公のペペは、所属するチームのエースでも無ければレースの当日には美人な元恋人が兄と結婚式を挙げているなんていう、主人公というわりには散々な境遇なんですよね。切ない。それでもペペの「プロってのは、仕事以上のことをやっちまうやつだって」なんていう言葉などにグッとさせられたりして、応援したくなる主人公です。

監督の高坂さんが実際にロードレーサーということで、レースシーンもなかなかリアルなんじゃないかと思う。途中自然との戦いであったり、ゴール前の追い込みであるとかね。音楽も雰囲気が出ていて素敵です。

茄子 アンダルシアの夏 [DVD
茄子 アンダルシアの夏
英題:NASU SUMMER IN ANDALUCIA
原作:黒田硫黄 『茄子』より
監督:高坂希太郎
製作:丸山正雄
脚本:高坂希太郎
音楽:本多俊之
出演:大泉洋、筧利夫、小池栄子 他

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。

One comment

Comments are closed.