任天堂・宮本茂氏が手掛ける『ピクミン』の短編アニメーションが完成。「第27回東京国際映画祭」で世界初上映へ

予てよりアニメーション作品制作の話が出ていた任天堂の『ピクミン』ですが、アニメーション作品『ピクミン ショートムービー』が完成し、10月23日から31日に開催される「第27回東京国際映画祭」にて、3Dで世界初上映となることが発表されました。

『ソニック』の新作CGアニメ『Sonic Boom(仮)』、2014年秋よりアメリカ/フランスを皮切りに放送開始予定

セガは2日、同社のマスコットキャラクターである『ソニック』のCGアニメ化を発表しました。6~11歳を対象として、2014年秋にまずアメリカのカートーンネットワークやフランスのCANAL J、GULLIで放送開始となる予定です。制作はセガアメリカとGenao Productions。

[映画]「あなたの2時間を私に下さい #5movie」企画に乗っちゃえ乗っちゃえ

Twitterで@RyoAnna さんによる「#5movie」というハッシュタグが流れてきて、ブログ記事を見て(あなたの2時間を私に下さい #5movie – #RyoAnnaBlog)面白そうだから僕も参加してみます。大好きな映画が多くて、これとそれとあれとあれと・・・とやっていたら余裕で5本を越えていった中からなんとかチョイス。

[映画] 戦場でワルツを(2009)

スタイリッシュなアニメーションによるドキュメンタリー映画『戦場でワルツを』。好みのグラフィックだなと映像に惹かれて見てみたら、そりゃあもう想像以上に重たい映画でした。軽い気持ちでは見られない、でも見てよかった。争いが耐えない世界の、一つの現実。

[映画] 水どうスタッフも参加したロードレースアニメ第2弾『茄子 スーツケースの渡り鳥』

高坂希太郎監督によるロードレースアニメ第2弾。今回の舞台は日本、毎年10月に宇都宮で開催されている「ジャパンカップサイクルロードレース」ということで、起伏に富んだコースや美しい紅葉の中で前作以上に迫力あるレースシーンを楽しめます。北海道ローカル番組から全国人気となった深夜バラエティ番組『水曜どうでしょう』の藤村Dと嬉野Dも出演していて、洋さんとの掛け合いでニヤリとしたり。

[映画] 茄子 アンダルシアの夏

2003年に公開されたアニメーション映画『茄子 アンダルシアの夏』。主演のペペ役の声優が北海道出身の大泉洋ということで気になっていた作品です。1時間に満たない短編で中身もスピード感を感じられる作品だと思います。今や俳優としても有名になった洋さんですが、道産子的には『水曜どうでしょう』のイメージが強いので、俳優としてもそうですが真面目に演じているところを見ると不思議な感じがありますね。

[映画] CGアニメーションの鉄腕アトム『ATOM(アトム)』

CGアニメーション映画として甦った鉄腕アトム。香港のスタジオが制作を担当したそうだけど、資金難に陥ったり色々と苦労して出来あがったみたい。だからなのかは分からないけれど、CGの出来そのものは悪くないのに(微妙な表情の付け方とかは素敵だし)、大事な話の部分で結構端折られていたように思うなあ。

[映画] 10作品目でトイ・ストーリーを越えたか『カールじいさんの空飛ぶ家』

これは『トイ・ストーリー』を越えたな。と映画館を出るときに思わせてくれたピクサー10作品目にして初の3D映画『カールじいさんの空飛ぶ家』。ハートフルな物語とハラハラドキドキのスピード感溢れるお得意のアクションパートが融合した素晴らしい映画でした。

[映画] モンスター・ハウス

日本では2007年に公開された、CGアニメ映画。ロバート・ゼメキスとスピルバーグだし子供向けと思って安心していたんだけど、アドベンチャー・ホラーというだけあって結構怖かったです。小さい頃にあった、肝試しに行くようなドキドキ感を思い出した。