【楽天ペイ】「楽天カード」や「楽天銀行」「ポイント運用」「チェックイン」等の機能を盛り込むアップデート

ひとつのアプリからさまざまなサービスにアクセスできる「スーパーアプリ」。「楽天ペイ」アプリも今以上に楽天の決済・ポイントに関連するサービスや機能が盛り込まれたスーパーアプリへとアップデートされます。

2021年8月26日のアップデートで「楽天ペイ」アプリに「楽天カード」や「楽天銀行」「ポイント運用 by 楽天PointClub」「楽天チェック」などの機能が追加。それにともない UI も更新されます。

楽天ペイアプリがもっと多機能に

「楽天ペイ」アプリは現在も、楽天IDでログインすることでコード決済機能だけでなく電子マネー「楽天Edy」や共通ポイントサービスの「楽天ポイントカード」等の決済機能・ポイントを利用することができます。

そして今回のアップデートにより、さらに多くの機能が盛り込まれます。

まず「楽天カード」の利用明細と「楽天銀行」の預金残高が、「楽天ペイ」アプリから両サービスのアプリに遷移して確認できるようになります。

加えて楽天ポイントを利用して投資の疑似体験ができる「ポイント運用」や、国内最大級のゴルフ場予約サイト「楽天GORA」のゴルフ場でのサインレスチェックイン機能、来店ポイントアプリ「楽天チェック」、レシートを送信して「楽天ポイント」がもらえる「Rakuten Pasha」、各サービスで利用できるクーポンなど、決済・ポイントに関連するサービスや機能も利用可能になります。

追加される機能・サービス

  • ポイント運用 by 楽天PointClub : 「楽天ポイント」を利用した投資運用体験
  • Rakuten Pasha : レシート送付でポイント獲得
  • 楽天チェック : 「楽天チェック」アプリに遷移後、チェックインでポイント獲得
  • 楽天GORA : ゴルフ場にチェックイン(※Android端末に対応。iOS端末は後日追加予定)
  • クーポン : 全国のお店で使えるお得なクーポンの獲得・利用
  • 楽天カード : 「楽天カード」アプリに遷移後、利用明細を確認
  • 楽天銀行 : 「楽天銀行」アプリに遷移後、口座の残高照会

※各アプリが同じ端末内にインストールされていない場合は、各サービスのウェブページ・ログイン画面などに遷移します

機能が増えるのはいいのだけれど、今のアプリがもっとごちゃごちゃして煩雑になってしまうんじゃないのかな?と不安になります。楽天だし。ただ今回の UI 更新では基本的なレイアウトは変わらず、決済機能は上部ファーストビューに残ります。

新たに利用可能となる楽天グループサービスのアイコンは下部に追加され、スクロールして選択することになるようです。

楽天カード

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。