【楽天SPU】2022年4月からのポイント付与対象変更やサービスの終了など

楽天グループのサービスを利用することで、楽天市場での買い物で獲得できるポイントがアップする SPU(スーパーポイントアッププログラム)。

楽天経済圏に入れば入るほどおトクに買い物ができるプログラムですが、2022 年 4 月より一部サービスにおいて条件が変更になります。

またポイント付与の対象となる金額も税込価格から税抜価格になるなど、これまでと同じ買い物をしても獲得ポイントが減少する変更が適用されます。

SPU のポイント付与対象金額が変更

2022年4月1日より、一部の SPU 対象サービスを除いてポイント付与の対象金額が変更されます。変更されるのは「楽天カード 通常分」を除く全ての SPU サービス。

「楽天カード 特典分」「楽天プレミアムカード 特典分」「楽天銀行+楽天カード」「楽天の保険+楽天カー」に関しては 1 注文ごとの楽天カード決済額から「消費税・送料・ラッピング料」を除いた金額に。

その他のサービス、「楽天モバイル」「楽天モバイルキャリア決済」「楽天ひかり」「楽天証券」「楽天ウォレット」「楽天トラベル」「楽天市場アプリ」「楽天ブックス」「楽天Kobo」「Rakuten Pasha」「Rakuten Fashion アプリ」「楽天ビューティ」に関しては 1 商品ごとの税抜購入金額が対象となります。

また 2022 年 4 月以降、SPU は全サービス一律で、クーポン利用後の金額に対してポイントを付与される形に変更されます(現在はクーポン利用前の金額)。

ざっくりまとめると次のようになります。

  • 税込価格 → 税抜価格
  • クーポン利用前価格 → クーポン利用後価格
  • 送料・ラッピングが対象外に

なお楽天市場においても、2022 年 4 月 1 日より買い物時のポイント付与対象金額が税込から税抜に変更されます。消費税や送料はポイント付与対象に含まれないため、獲得できるポイントは従来よりも減少します。

「楽天の保険+楽天カード」SPUが終了

2022年3月31日をもって、「“楽天の保険” の保険料を楽天カードでお支払いすると楽天市場のお買い物がポイント+1倍」のSPUが終了になります。現行サービスの倍率アップや新サービスの追加がなければ、SPUは最大15倍から14倍へダウン。

「楽天証券」SPU条件が変更

「楽天証券」ではSPU条件が変更に。これまでは月 500 円のポイント投資で SPU 条件を達成できましたが、2022 年 4 月 1 日以降も+1倍をキープするには投資信託と米国株式でそれぞれ3万円以上の購入が必要になります。また米国株は積立や手数料無料の海外 ETF(VT、VTI、VOO、SPYなど9銘柄)は含まれません。

  • 変更前 : 楽天ポイントコースを設定の上、500円分以上のポイント投資(投資信託)でポイント+1倍
  • 変更後:楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定の上、
    合計 30,000 円以上のポイント投資(投資信託)でポイント+0.5倍
    合計 30,000 円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)でポイント+0.5倍
    ※米株積立および買付手数料無料海外ETF(9銘柄)を除く

楽天証券では投資信託にかかるポイント付与ルール(一定金額ごとに毎月付与 → 条件達成時のみ)や楽天カードクレジット決済でのポイント還元率も変更が発表されており(1% → 1% or 0.2%)、楽天証券を通じたポイントは今後貯めにくくなります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。