『ウイニングイレブン』シリーズのサッカー戦術・クラブ運営シミュレーションゲームiOS/Android『ウイニングイレブン クラブマネージャー (PES CLUB MANAGER)』にて、2018-2019シーズンへのアップデートが実施されます。

新シーズンへの移行は「10月30日」。初のメジャーアップデートとなる「Ver.2.0.0」への更新が行われます。

このアップデートによって収録リーグやクラブ、選手データ、ユニフォーム、エンブレム等が2018-2019シーズンの最新データへと更新されるほか、試合エンジンの大幅更新や新モード追加などが実施されます。

ウイクラ初のメジャーアップデート

クラブ運営やチーム育成を楽しめるもう1つのウイイレ、『ウイニングイレブン クラブマネージャー』にて、18/19シーズンへのアップデートが実施されます。更新により、収録チームデータ(登録選手、ユニフォーム、エンブレムなど)が最新版となるのに加えて、試合エンジンの刷新や新モード追加なども予定。ウイクラが大きく変わります。

試合エンジンの更新

本家『ウイニングイレブン』のモバイル版『ウイニングイレブン2018』は、今冬『ウイニングイレブン2019』へとアップデート。コンソール版と同様に、これまでの Fox Engine から Unreal Engine 4 へと採用ゲームエンジンが変更されます。

派生シリーズの『ウイクラ』も、おそらくメインシリーズの流れに沿って、UE4 へとゲームエンジンが切り替わるものと思われます。いずれにせよ試合エンジンの大幅更新により、選手モーションの追加や試合AIが改良。よりリアルなサッカーが再現されるということです。

選手の新スキル追加

選手の新スキルが6種類追加されます。

  • ヘッダー
  • ヒールトリック
  • 低弾道ロブ
  • マリーシア
  • アクロバティッククリア

新たに追加されるスキルは、シーズンアップデート後に登場する選手が所持している場合があるほか、トレーナーによるトレーニングを行うことで、過去シーズンの選手に付与することができます。

ゴールパフォーマンス/ハイライトの改修

アップデート後、新規のゴールパフォーマンスが50種類以上追加。さらにハイライトのカメラも改修を予定していて、これまでよりもさらに臨場感のあるハイライト動画を楽しむことができます。

試合AIの改良

ゲームエンジンの変更に伴う試合AIの改良により、これまでより多彩なチーム戦術の再現が可能に。たとえばショートコーナーや中盤からのアーリークロス、縦関係のワンツー、トラジション時の追い込み、サイドから中に切れ込むワンツー、クロスランニング、SBのインナーラップなどサイドでの崩しといった動作が実現します。

この他にも様々な戦術が再現可能となっていて、チームの個性をより反映させられるようになります。

※なお、一連の試合エンジン更新に伴い、協会内対戦「リアルタイムマッチ」の利用は停止となります。

18/19シーズン最新データへ更新

ウイクラにも新シーズン到来。2018-2019シーズン版(2018−19 1st)に更新され、収録リーグやクラブ、選手データ、チームユニフォームやエンブレムデザインに至るまで、最新のものが反映されます。

収録リーグ

18/19シーズンで収録されるリーグは以下の通りです。基本的にはコンソール版本編『ウイニングイレブン2019』に準拠なので、削除されるクラブが複数あります。新シーズンで登場しないクラブ選手が特性「出身クラブチーム」を身に着けている場合、効果は発動されなくなりますのでご注意ください。

  • Superliga Quilmes Clásica (アルゼンチン)
  • CAMPEONATO BRASILEIRO (ブラジル)
  • Campeonato Nacional Scotiabank (チリ)
  • Liga Aguila (コロンビア)
  • イングランドリーグ(アーセナル、リヴァプールは実名)
  • Ladbrokes Premiership(スコットランド)
  • Ligue 1 Conforama(フランス)
  • Domino’s Ligue 2(フランス2部)
  • イタリアリーグ(ユヴェントスは偽名)
  • エールディヴィジ(オランダ)
  • Liga NOS(ポルトガル)
  • スペインリーグ(バルセロナのみ実名)
  • Jupiler Pro League(ベルギー)
  • Russian Premier Liga(ロシア)
  • Raiffeisen Super League(スイス)
  • Spor Toto Süper Lig(トルコ)
  • Superliga(デンマーク)
  • AFC Champions League(ACL 2018参加チーム)
  • その他リーグ
    • ディナモ・キエフ
    • スラヴィア・プラハ
    • シャフタール・ドネツク
    • シャルケ04
    • ディナモ・ザグレブ
    • マルメFF
    • AEKアテネ
    • バイヤー・レヴァークーゼン
    • オリンピアコス・ピレウス
    • PAOK
    • FCSB
    • パナシナイコス
    • アリアンサ・リマ
    • RBブラジウ
    • スポルティング・クリスタル

選手能力上限値のさらなる引き上げ(2019−2020シーズンへ延期)

2018−2019シーズンへの「Ver.2.0.0」アップデートによって、2017-2018シーズンへのアップデートで実施された選手ステータスの上限値引き上げ(例:星7選手は99→102)がさらに引き上げられることが告知されていました。18/19シーズンの星7選手の上限値は「104」に。星6選手の上限値は「98」となります。星5選手は「94」へと変更。

ただ、アップデートまでの告知期間が非常に短かったことや、度重なる上限引き上げには反発も大きく、コナミは「選手の各ステータスにおける上限値変更」の実施時期を、2019-2020シーズンへのアップデートまで延期することを決定。来秋までは、現状ステータス上限値のままということになりました。

「星7:102、星6:97、星5:93」

新モード「ALL-STAR SERIES」

「オールスターシリーズ」という新モードが追加されます。このモードでは、指定された範囲内の選手から18名を選んでオールスターチームを作成し、試合を行います。対戦相手も他の監督が作ったオールスターチームとなるため、チーム間で戦力差が生まれにくく、チームの構成や采配が勝敗を左右することになります。

自分が選んだオールスターチームから選手を1人獲得することができます。試合の成績によっては、星7選手を獲得することも可能とのこと。

マイタウンの施設追加

マイタウンに新しい施設が追加されました。マイタウン内「施設管理」から購入できます。

追加された施設

リゾートハウス(400,000,000) – 8時間に一度、回復アイテムを生成します(建設条件:スーパースターDiv.1以上。期間:3日16時間 or 22試合)。
銀行(500,000,000) – 選手の売却価格が10%アップします(建設条件:スーパースターDiv.11以上。期間:7日20時間 or 25試合)。
鉄道会社(PES Coin 50) – マイタウンに線路が建設され、電車が走ります(ビギナーDiv.1以上。建設期間:なし)。

さらに、新たな施設「空港」が追加されています。
空港(300,000,000 + 建設許可証×1) – ユーススカウトにかかる時間が6時間短縮します(トッププレイヤーDiv.1以上、建設許可証×1、トッププレイヤーエリアを拡張する。建設期間:5日12時間 or 33試合)。

新シーズンへのアップデートに伴うシーズンマッチの進行状況について

進行中のリーグ(シーズンマッチ)について。進行中のシーズンマッチは中断され、新シーズンへ移行します。移行時の処理については以下の通りとなっています。

リセットされるもの

スポンサーのボーナス条件の達成状況

変更されないもの

GP、PES Coin、アイテムの所持状況
選手の年齢や能力値、名声
シーズンマッチのディビジョン(昇降格は行われません)

※シーズナップデート直後のシーズンでは、シーズン開始時のチーム年俸の支払いが不要となります。
※レンタル移籍中の選手は、中断された時点の成長量を保持した状態でチームに戻ります。またアップデートによるシーズン中断でチームに戻った選手は、もう一度レンタル移籍に送ることができます。

リストの拡張

スカウティングリストが最大1000人まで拡張可能になりました。

殿堂入り選手リストの上限が10人拡張されました。

その他

アプリBGMが変更されたほか、地域リーグのバランス調整、その他細かな改修が実施されています。

おわりに

というわけで、『ウイニングイレブン クラブマネージャー』も18/19シーズンへのアップデートが実施され、試合エンジンの大幅更新や新モード追加も行われるよ という話題でした。『ウイクラ』は現実の監督の采配を再現したり、自分が考える戦術で戦ってみたりと試行錯誤が楽しいシミュレーションゲーム。アクション要素の強い本家よりもスキマ時間を利用して気軽に遊ぶことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で