Nintendo Switch のペアレンタルコントロールアプリ『Nintendo みまもり Switch』が「Ver.1.5.0」にアップデート。このバージョンに更新することで、例外ソフトを設定したり、アプリ起動にロックをかけ Touch ID / FaceIDでの認証の要求などが行えるようになります。

Nintendo みまもり Switch Ver.1.5.0 更新内容

任天堂は12日、ニンテンドースイッチ用のペアレンタルコントロールアプリ『Nintendo みまもり Switch』(Android / iOS)について「Ver.1.5.0」の配信を開始しました。最新版に更新することで、制限から除外する「対象外のソフト」の設定やアプリの起動をロックなどを設定できるようになります。

「対象外のソフト」は、制限レベルを設定した上で、特定のソフトをその制限から外すことができる機能です。

そして希望の多かったアプリ起動のロックにも対応。子どもも賢いので、親のスマホをこっそり操作して制限を解除してしまう事例が少なくありませんでしたが、最新版では指紋認証や顔認証で起動をロック。

「設定」>「アプリ起動をロック」で設定することができ、設定するとアプリを使う時に Touch ID / FaceID (指紋認証 / 顔認証) が必要になります。

また、「おやすみアラーム」(ゲームを止めてほしい時刻)の設定できる時間帯が「18:00〜23:45」から「16:00〜23:45」に変更され、より長時間ゲームを遊ぶ時間を制限できるようになりました。設定した時刻から翌朝6時までがゲームをしてはいけない時間帯になります。

アプリの設定内容の反映も、スリープ状態で行えるように。Nintendo Switch 本体がスリープ中であっても、アプリで設定した内容が反映されるようになりました。その他、内部の機能改善が行われています。

一部の機能は本体 Ver.5.0.0 以降で

なお、一部の機能を利用するためには、Nintendo Switch 本体のシステムバージョンを 5.0.0 以降にアップデートする必要があるとのこと。現在は 4.1.0 なので、近々メジャーアップデートが行われるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で