GoogleからNintendo Switch向けYouTubeアプリがリリースされ、インターネットにつながっている環境であれば、任天堂の公式動画はもちろん、世界中のYouTube動画をNintendo Switchから見ることができるようになりました。

子どもにとっては嬉しい機能追加ですが、親としては何でもかんでも自由に与えるのではなく、家庭内で利用ルールも決めておきたいということもあるかと思います。

YouTube利用を制限したいときは主に「みまもり設定」から、保護者による使用制限を設定することができます。

【アプリ】子どものYouTube視聴を制限する方法

任天堂はNintendo Switchのペアレンタルコントロール機能として、スマートフォンアプリ「Nintendo みまもり Switch」を提供しています。

アプリで「制限レベル」を変更することで、YouTubeアプリの起動を制限することができます。またこのアプリでは、ソフトの起動そのものを制限するのではなく、Switchを1日に遊ぶ時間を設定することもできます。

制限レベルを変更する

「Nintendo みまもり Switch」を起動し、「設定」>「制限レベル」へと進みます。

制限レベルを「幼児」にする。または「カスタム設定」を選び、「制限するソフト・ゲームニュース」の設定を、「12歳以上向けのソフト」よりも下の年齢にします。

設定が反映されると、制限対象のソフト(今回の場合はYouTube)を起動しようとすると「このソフトはあそべません」との画面が表示されます。

【アプリ】特定のソフトを制限の対象外にする

「制限レベル」を設定すると、YouTubeだけでなくその制限レベルに含まれるすべてのソフトの起動が制限されます。また「制限レベル」はユーザー単位ではなく本体単位で適用されるので、遊ぶたびにいちいち制限を解除しなくてはなりません。

「制限レベル」対象外のソフトを設定してやることで制限の対象から外れ、「みまもり設定」を毎度一時オフにすることなく起動できるようになります。

なお、対象外のソフトを設定できるのは「Nintendo みまもり Switch」からのみとなります。Switchの本体機能で制限している場合は、特定のソフトを対象外とするこの機能を使うことはできません。

【Switch本体】子どものYouTube視聴を制限する

「Nintendo みまもり Switch」を使用していない場合、Nintendo Switch本体から、一部「みまもり設定」を行うことが可能です。

「設定」>「みまもり設定」>「設定を変更する」>「暗証番号を入力」>「設定の変更」を選択します。

制限レベルを変更する

制限レベルを設定する画面が表示されます。今回はYouTubeの起動を制限したいので、

制限レベルを「幼児」にする。または制限レベル「カスタム設定」>「制限するソフト・ゲームニュース」の設定を、「12歳以上向けのソフト」よりも下の年齢にします。

「保存する」を選択し、「設定が完了しました」と表示されたら、設定は完了です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon Music Unlimitedは、月額980円で6,500万曲以上が聴き放題のAmazonの音楽配信サービスです。プライム会員なら月額780円、年間加入なら7,800円で1月あたり650円ともっとお得に。広告なし、オフライン再生、スマートスピーカーEchoシリーズ対応。

アーティストが自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中。

Amazon Music Unlimited