AppleからiPod touchの最新モデル「iPod touch (第7世代)」が登場しました。新型は実に4年ぶりのことです。

4年を経て登場した第7世代iPod touchが、前世代からどのくらいの進化を遂げたのか。このページでは第6世代との比較を紹介しています。性能が近くなったとされる iPhone 7 とも比較しています。

iPod touch (第7世代) の主な変更点

  • A10 Fusion チップ搭載でパフォーマンスが最大2倍、グラフィックスが最大3倍向上
  • ARゲームに対応
  • サイズや質量、カメラ性能その他大きな変更はなし
  • 32GBで2万1,800円から。

仕様比較 iPod touch 第7世代 vs. 第6世代 vs. iPhone 7

 iPod touch 第7世代iPod touch 第6世代iPhone 7
画面サイズ4インチ4.7インチ
画面解像度1,136 x 640ピクセル
326ppi
800:1コントラスト比(標準)
1,334 x 750 ピクセル
326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
大きさ123.4 × 58.6 × 6.1 mm138.3 × 67.1 × 7.1 mm
重さ88g138g
チップA10 FusionA8
M8モーションコプロセッサ
A10 Fusion
メインカメラ8MPカメラ
オートフォーカス
ƒ/2.4絞り値
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
自動手ぶれ補正
写真のHDR
露出コントロール
パノラマ(最大43MP)
バーストモード
タップしてフォーカス
Wi-Fi経由で写真にジオタグを添付
タイマーモード
12MPカメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
露出コントロール
写真のHDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
ビデオ撮影1080p HDビデオ撮影(30fps)
撮影中にタップしてフォーカス
スローモーションビデオ(120fps)
タイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
3倍ズーム
Wi-Fi経由でビデオにジオタグを添付
4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
FaceTime HDカメラ1.2MPの写真
ƒ/2.2絞り値
720p HDビデオ撮影
裏面照射型センサー
ビデオの自動HDR
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
グループFaceTime (第7世代のみ)
7MPカメラ
1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2絞り値
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真のHDR
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
Touch ID
Apple Pay
Felica
Bluetooth4.14.2
センサー3軸ジャイロ
加速度センサー
Touch ID指紋認証センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
バッテリー音楽再生時間:最大40時間
ビデオ再生時間:最大8時間
連続通話時間(ワイヤレス):
3Gで最大14時間
連続待受時間:
最大10日間
インターネット利用:
3Gで最大12時間
4G LTEで最大12時間
Wi-Fiで最大14時間
ワイヤレスビデオ再生:
最大13時間
ワイヤレスオーディオ再生:
最大40時間

2019年の「iPod touch (第7世代)」は、前モデルとなる「iPod touch (第6世代)」からチップ性能が向上したモデル。前モデルからの変更箇所は少なく、プロセッサがA8からA10へ、ストレージ容量が最大256GBまで対応した以外、変更はほぼありません(オーディオやビデオで、HEVCなどいくつか新たなフォーマットに対応)。

A10チップ搭載

iPod touch (第7世代)では、iPhone 7 / iPhone 7 Plus などで採用された「A10 Fusion」が搭載。メモリも1GBから2GBに増量。

第6世代と比べてパフォーマンスが最大2倍、グラフィックスが最大3倍向上しました。ARゲームとARアプリケーションにも対応。それでいてバッテリーはこれまで通りに長持ち。音楽再生で最大40時間、ビデオ再生で最大8時間使い続けることができます。

A10 Fusionチップ搭載により、第6世代では重くなっていたアプリもサクサク滑らかに動きます。

容量・価格

ストレージ容量は32GBと128GB、そしてiPodとして初めて256GBに対応。これまで以上にたくさんの音楽や映像を保存できるようになりました。

  • 32GB – 21,800円
  • 128GB – 32,800円
  • 256GB – 43,800円 *新登場

カラーなど外観は変更なし

カラーラインナップは「スペースグレイ / ゴールド / シルバー / ピンク / ブルー / レッド – (PRODUCT)RED」の計6色。サイズと重量も「123.4 × 58.6 × 6.1 mm」「88g」で第6世代から変更はありません。

見た目に変わりはないものの、中身はパワーアップしているのが第7世代ということになります。

iPod touch と iPhone の違い

iPod touch と iPhone の一番の違いは電話機能・GPSの有無。iPod touchは音楽プレーヤーである「iPod」が進化し、全面タッチパネルやiOS搭載、アApp利用などiPhoneに近づいたデバイスです。iPhoneは電話、GPS、SMS、Apple Pay、指紋認証/顔認証、防水機能など、iPod touchにはない機能が搭載されています。

Wi-Fi経由のIP電話などはiPod touchでも使えます。

買うならどのモデルか

Wi-Fiやテザリングなどで常に身近に通信環境があるのなら、お気に入りを厳選保存して、他はストリーミングサービスを利用するなどして32GBで運用。お気に入りの音楽や動画をたくさん保存して自分のライブラリを持ち運びたいというのなら128GB/256GBということになってくるでしょうか。

32GBだと意外と埋まるのが早いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で