Amazonが展開するFireタブレットのエントリーモデル「Fire 7 タブレット」に新モデルが登場しました。現在予約受付中で、6月6日発売予定。同じFire 7の前モデルと比べて、ストレージが2倍に(8/16GBが16/32GBへ)、拡張microSDカードも前モデルの倍、最大512GBに対応しました。またプロセッサも1つ上のFire HD 8と同等の最大1.3GHzの高速クアッドコアプロセッサを搭載するなど性能・機能面で進化。

そしてここで「Fire HD 10」に続いてAlexa搭載。ハンズフリーでAlexaを楽しむことができます。

Alexa搭載 Fire 7 タブレットが登場

価格は16GBモデルが5,980円で、32GBモデルが7,980円。16GBモデルは「Echo Dot 第3世代」と同価格。ディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show」は2万7,980円なので、新しい「Fire 7」はAlexaを搭載しその4分の1以下の価格です。

ただし「Fire 7」は結局のところ「Fire タブレット」シリーズのエントリーモデルで、スピーカーはモノラル。スピーカーとしての役割を与えるには不向きなので単純に価格で比較はできないのですけれど。

とはいえ5,980円という低価格で、タブレットとして使うだけでなくAlexaに話しかけて電車の運行状況や天気を聞いたり、カレンダーをチェックしたり、あるいはお気に入りの動画やニュース、音楽プレイリストを再生したりもすることができます。

「アレクサ」と話しかけるだけで操作できるハンズフリーにも対応しています。

ディスプレイ解像度は1024×600(171ppi)。1.3GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM搭載。サイズは192mm x 115mm x 9.6mmで、重量は286g。通常利用で最大7時間駆動します。カメラは2メガピクセルフロントカメラ +2メガピクセルリアカメラ +720HDビデオレコーディング。

Amazonプライム会員であればプライム・ビデオ(会員特典対象)やプライムミュージック、プライムリーディングといった特典を追加料金なしで利用可能。新モデルでAlexaにも対応し、Amazonが提供するサービスを一通り楽しめるタブレットのエントリーモデルとなっています。

Fire 7 キッズモデル も出た

「Fire タブレット キッズモデル」に7インチが仲間入り。

今回発売される2019年第9世代「Fire 7 タブレット(16GB)」と同じ本体に加えて、保護カバー、Amazon FreeTime Unlimitedという子供向けコンテンツ使い放題サービスが12か月分、2年間の限定保証が含まれています。8インチでは大きすぎると考えているときにはこちらがいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible