アマゾンは29日、実店舗での「Amazon Pay」スマートフォン決済を開始しました。ユーザーはアプリからQRコードを表示するだけ。スマートフォンにダウンロードしたAmazonショッピングアプリに表示されるQRコードを、店舗側が専用の端末で読み取ることで支払いが完了します。NIPPON PAYやNIPPON Tabletとの協業で実現しました。

Amazonは、本日8月29日(水)より、実店舗でのAmazon Pay(http://pay.amazon.com/jp)スマートフォン決済を開始いたします。これにより、スマートフォンにダウンロードしたAmazonショッピングアプリに表示されるQRコードを使って、飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗でお支払いいただけるようになります。これによりAmazonアカウントでご購入いただける商品やサービスの品揃えが拡大されることになります。

via: Amazon Newsroom – Amazon Pay、実店舗でのスマートフォン決済への対応を開始

「Amazon Pay」スマートフォン決済に対応する実店舗は、Amazon Payの公式認定制度「グローバルパートナープログラム」のパートナーであるNIPPON PAYの完全子会社、NIPPON Tabletのタブレット端末が設置されている店舗。

開始時点ではNIPPON PAYがこれまで実証実験を行っていた福岡市の店舗や、早稲田商店会(東京都新宿区)の加盟店の一部などで導入されるとのこと。Amazon Payが狙うのは、キャッシュレス決済の導入があまり進んでいない中小規模の店舗だそうですが、店舗側の決済手数料が3.5%(Amazon Pay のサイトによると物理的商品・サービス等は4%、デジタルは4.5%)ということで、積極的に導入しようという店舗はまだ限られてきそう。

Amazon Payを使った店舗でのスマートフォン決済の流れ

  1. Amazonショッピングアプリを起動
  2. 左上のメニューを開き、「プログラムと特典」の中にある「すべてを見る」をタップ
  3. 「Amazon Pay」をタップ
  4. QRコードが表示されるので、店頭の対応端末でORコードを読み込む
  5. 支払い完了通知がメールで届く

支払い金額は店舗側がタブレット端末で入力するので、ユーザーは支払いの際にアプリを起動して表示されるQRコードを店舗スタッフに見せるだけ。なお、QRコードは不正利用を防ぐため、30秒ごとに更新されます。

Amazon Pay について

Amazon Payは、Amazonアカウントに登録した配送先やクレジットカード情報を利用して、Amazon以外のECサイトでも簡単・手軽に買い物をできるサービスとして、2015年5月に日本でのサービスが開始されました。2016年9月には「定期購入機能」が追加されるなど、利便性が向上。そして今回ついに、実店舗への対応がはじまりました。Amazonの発表によると、数千以上の販売事業者が、Amazon Payに対応しているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で