任天堂『どうぶつの森』シリーズ初のモバイルゲームアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の開発に、任天堂のぶつ森チームスタッフやモバイル事業の協業相手である DeNA だけでなく、『マリオパーティ』シリーズなどで知られる任天堂子会社エヌディーキューブ(ND CUBE)が携わっていたことが明らかになりました。

2017年末リリースのニンテンドー3DS用ソフト『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』を開発したエヌディーキューブですが、同じく昨年末の『どうぶつの森 ポッケットキャンプ』にも携わっていたことが公式サイトの開発実績から判明しています。

『Wii Party』や『マリオパーティ』が並ぶ開発実績に掲載されているソフトを見る限り、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はエヌディーキューブがメイン開発元となっていそう(4Gamer.net に掲載されたインタビューによると、『とびだせ どうぶつの森』のスタッフがディレクターを担当したほか、ゲーム専用機版のぶつ森チームは主に監修という形で参加。さらに DeNA やエヌディーキューブが開発に参加したとのこと)。

エヌディーキューブは Wii U『どうぶつの森 amiibo フェスティバル』に続く『どうぶつの森』作品への参加ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible