任天堂、スマホ事業1年目の売上高は200億円未満。18年3月期は新作2〜3本を投入し拡大目指す

任天堂の君島社長は2017年3月期決算説明会の質疑応答の中で、スマートデバイス関連事業の売上高について、17年3月期は200億円に届かない規模であったことを明らかにしました。ロイヤリティ収入などを含む「スマートデバイス・IP関連収入等」の売上高は242億5000万円でした。

任天堂は2016年3月の『Miitomo (ミートモ)』を皮切りに本格的なスマホアプリ展開を開始。2017年3月末までに『Super Mario Run (スーパーマリオ ラン)』と『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の計3タイトルを iOS / Android 向けにリリースしています。

18年3月期の計画としては、配信中の上記3タイトルのサービスを続けながら、新作を2タイトルないし3タイトル投入し、ビジネス拡大を目指します。

投入タイトルを増やしていくからといって、売上高が4倍や5倍になるとは考えておらず、「そのような数字をお出しすることは、少し躊躇します」と君島社長。ビジネスの拡大を目指してはいくものの、そこまでの急成長はならないだろうとの見方のようです。

スマホ関連のみの売上高が200億円とすると、4890億円だった17年3月期の売上高に占める割合は約4%。収益への直接的な貢献はまだまだ小さいものの、任天堂のスマホ事業は、ゲーム専用機の方を盛り上げることも目的の1つです。

例えば『ポケモンGO』(Niantic, ポケモン)がニンテンドー3DS本体やポケモン関連タイトルに好影響を及ぼしたように、ゲーム機事業への貢献という意味では目的を達成している面もあり、スマホ事業単体の売上だけでは測れない部分があります。

18年3月までに2 ~ 3本の新作、うち1本は『どうぶつの森』

2〜3本リリースするという18年3月期のタイトルは、まずは『どうぶつの森』が決定済み。スマホ版『ぶつ森』は、ゲーム専用機版の『ぶつ森』と何らかの形で連動すると発表段階から言われていますが、はたしてどのソフトと対応するのか。

『ぶつ森』シリーズの中で現在最もアクティブなのは、昨年秋に『amiibo+』へとアップデートされた『とびだせ どうぶつの森』でしょう。ただ、連動要素が任天堂の他スマホアプリがそうであるように、ニンテンドーアカウントやマイニンテンドーと絡めた展開になってくるのであれば、Nintendo Switch の方が進めやすいでしょうから、Switch 向けにシリーズの新展開があるかもしれません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。