【楽天ペイ】「Uber Eats」への対応開始、敗者サービス「Uber」との連携も予定

Uber Eats で楽天ペイ支払いが可能に。楽天ポイントも貯まる・使える

楽天のキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」がオンラインデリバリーサービス「Uber Eats」(ウーバーイーツ)に対応。2022年4月18日より順次対応がはじまりました。対応するのは楽天 ID を活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」。

2022年4月下旬までにすべての利用者が決済方法として選択できるようになります。

  • 楽天×Uber : Uber Eats の決済方法として楽天ペイが利用可能に
  • 2022年4月18日から順次
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 「Uber Eats」のログイン時に楽天IDを利用できるようになり、新規登録も楽天IDを利用して簡易的に行える
  • 配車サービス「Uber」との連携も計画

連携開始により、ユーザーは「Uber Eats」での注文時に、決済方法として「楽天ペイ(オンライン決済)」を選択して支払いが可能に。楽天 ID に紐づけて登録しているクレジットカード情報を利用して簡単に支払いができるようになります。決済時に楽天ポイントを貯めたり、支払いに使ったりすることも可能に。

  • 注文金額100円(税込)ごとに1ポイント付与
    ※支払い元が「楽天カード」「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」での場合に限る。

楽天ペイの対応開始に加え、「Uber Eats」のログイン時に楽天 ID を利用できるようになります。また「Uber Eats」の新規利用者は楽天 ID を利用してより簡易的に「Uber Eats」の新規会員登録が可能です。

導入開始記念キャンペーン

連携開始を記念して両社は「Uber Eats」において「楽天ペイ(オンライン決済)導入キャンペーン」を4月27日より期間限定で開催。期間中の「Uber Eats」の新規利用者を対象に、初回利用時に使える3,000円オフクーポンや、2回目以降の注文で期間中何度でも利用できる最大50%オフクーポンの配布、注文金額(クーポン利用の場合は割引後)の最大20%の「楽天ポイント」が付与される特典などが提供されます。

また「Uber Eats」の既存ユーザーも期間中はすべての注文時に注文金額(クーポン利用の場合は割引後)の最大3%の「楽天ポイント」が付与されます。

さらなる連携強化も

楽天とウーバーイーツはさらなる連携の深化を計画していて、「楽天市場」のセールイベントとの連動企画や、Uber Japan が運営する配車サービス「Uber」(ウーバー)における楽天IDおよび決済の連携も予定しているということです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。