【auでんき】サービスの特徴や利用するメリットやデメリット、どのくらい安くなるのか、解約方法は

2016年4月から開始された電力自由化によって電力会社を選べるようになりました。そこで、auユーザーならメリットもあるという「auでんき」へ電力会社を変更してみることにしました。ちょうど引っ越しのタイミングでもあったので、そのタイミングで東京電力からauでんきへ。

切り替えて1年半ほど経ったので、利用して感じたメリット・デメリットについて、また解約する方法について書いてみたいと思います。

そもそも auでんきはどんなサービスなのか

「auでんき」は、auなどを手がけるKDDI・沖縄セルラーが提供する電気サービスです。

契約者本人または家族がauケータイ・スマートフォン、もしくはauひかりを利用していると沖縄県・一部離島を除いて契約することができます。戸建て住まいでも、マンションなどの集合住宅でも、持ち家・賃貸問わず申込むことができます。

送電の仕組みは今までと変わらないので、電力会社を切り替えたからといって停電が起きやすくなったり、明るさが不安定になる、停電時の復旧が遅れるなどの心配はありません。

申込時の工事や初期費用も不要です(でんきメーターがアナログの際は、スマートメーターへの交換が必要になります。交換費用は無料です)。

電気料金そのものは大手電力会社と変わらない

「auでんき」の料金プランは1つだけ。日々の電気利用量に応じて、おトクなプラン料金(MまたはL)が自動的に適用されます。

一般的な家庭のプランは「でんきMプラン」で、これは東京電力の料金プランで「従量電灯B」に相当します。でんきLプランは、電気利用料が多い事務所や店舗向けのプランで、東京電力の「従量電灯C」に相当します。

電力会社の変更は電気料金を安くすることが大きな目的かと思いますが、「auでんき」に切り替えても、使い方が変わらなければ、これまでの電力会社とほとんど違いがありません。

これでは「auでんき」に切り替える理由が無いのでは?と思いますが、「auでんき」には「ポイント還元」「アプリで確認」「請求がまとまる」といったメリットがあります。

利用料金に応じてポイント還元、その分安くなる

単純な料金比較では今までの電力会社の料金プランとほぼ差がない「auでんき」ですが、加入していると毎月の支払い料金に応じて、1%〜最大5%分のau WALLETポイント還元を受けることができます。

還元率は次のとおりです。1か月に8,000円以上使うときに最大の5%還元。電気代が多くなるほどポイント還元率が高くなります。

  • 5,000円 未満:1%
  • 5,000円 以上 〜 8,000円 未満:3%
  • 8,000円 以上:5%

キャッシュバックや割引ではなく、WALLETポイントで還元される点には注意が必要です。

付与されるWALLETポイントは、au料金の支払いに使ったり、au WALLET Market / Wowma!といったauの公式ショッピングサイト、またau WALLET プリペイドカードにチャージして街の買い物(MasterCard)加盟店で使用したりすることができます。

シンプルな料金体系と最大5%ポイント還元が「auでんき」の特徴の1つです。

アプリで日々の電気料金や使用量を確認

「auでんき」は公式アプリを使用して、スマホ画面で月々の電気使用量を確認したり、他の家庭の使用量と比較したりすることができます。日々の電気料金(確定前は概算)を確認できるので、節電を意識して光熱費の節約につなげることができます。

アプリではまた、他au関連サービスのお得なキャンペーン情報を入手することができたり、電気の使用料金1,000円ごとにガチャを引いてクーポンをもらえたりもします。

  • スマホアプリでいつでも、どこでも電気料金の確認・比較が可能
  • 利用状況を比較・分析
  • 1,000円ごとにチャレンジできるガチャ
  • 節約サポート

請求がまとまる

「auでんき」に加入すると、支払いはauとまとめて月1回だけに。利用明細も通信料金とまとめてチェックすることができます。支払日がばらばらで管理が大変、利用明細が増え家計簿をつけるのが大変だというときに管理がラクになります。またポイントもWALLETポイントで統一されるので、今までより貯まりやすくなります。

ポイントは実際どのくらい貯まるの?

auでんきを1年半使った還元ポイントです。この1年半の我が家の電気代は約10万6,000円。月平均にすると6,000円弱で、1年のほとんどは還元率1〜3%の電気料金でした。これまでの総おトク額は2,286ポイントでした。付与率は約2.1%。

使用量がそれほど多くないのでポイント還元も多くはありませんが、電気代を確認して節約意識が高まったのと、ポイント還元により固定費の若干の削減を実現できています。還元されたWALLETポイントは通信料金へ充当しています。

auでんきを解約したい、解約方法や連絡先は

他サービスへ切り替えるなどauでんきを解約する場合、申し込んだau取扱店またはお客さまセンター(auでんき)に連絡する必要があります。申し込み後、利用開始前のキャンセルについても、同様に申し込んだau取扱店またはお客さまセンター(auでんき)へ連絡するよう案内されています。

KDDIお客さまセンター(auでんき)

携帯電話/一般電話から フリーコール:0120-925-881(無料)

受付時間:9:00~20:00/年中無休

引っ越しをするときの手続方法

引越し先でもauでんきを利用する場合、「お引越し情報入力フォーム」に引越し先の情報を入力して住所を更新します。引越し先の状況について確認事項があるので、後日auでんきの担当者から電話連絡があります。

あるいは、引越し前に余裕を持ってauお客さまセンターまで連絡をし、そこで手続きをすることも可能です。

  • auお客さまセンター:0120-925-881(受付時間:9:00~20:00/年中無休)

自分で1つ1つサービスを比較するのは大変です。「エネチェンジ」のような比較サービスを利用すると、その場で比較やシミュレーションができ便利です。

おわりに

というわけで「auでんき」を1年半使ってみた感想という話題でした。

「auでんき」は電気料金はこれまでとほぼ同じで、「最大5%のポイント還元」「スマホアプリで確認」「請求の合算」といった特徴のあるサービスです。

還元がWALLETポイント、auユーザー向けサービスである点には注意が必要ですが、auスマホ、auひかりを利用しているのであれば、基本的にはWALLETポイント還元で損はしないサービスとなっています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible