楽天スーパーポイントが株取引で利用可能に、楽天証券「ポイント投資」がサービス拡充

楽天証券

楽天証券では、楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入できる「ポイント投資」を行っています。この「ポイント投資」が、2019年10月28日よりサービス拡充。今度は楽天スーパーポイントを使った国内株式 (現物取引)の購入代金や、手数料に対応します。

楽天スーパーポイント1ポイント1円で株取引に使える

楽天証券の「ポイント投資」が国内株式 (現物取引)や手数料に対応します。事前に設定した内容で「楽天スーパーポイント」を自動で充当するので、取引のたびに設定する必要はなく(都度変更することも可能)、ポイントを計画的に利用することができます。

たとえば、5,000ポイントを使う設定にしておけば、株式1万円分を購入する際、5,000ポイントを充当し、自己の現金負担は5,000円で済みます。

なお「ポイント投資」はNISA口座での取引や、PTS夜間取引にも対応しています。

取引までの流れ

楽天証券のポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定し、その上で利用方法を選択します。利用方法は「すべて使う」「毎日上限 ○○ポイント」「毎月上限 ○○ポイント」の3通り。自身の投資スタイルに合わせて使い方を決めることができます。設定が終わったら、購入したい株式の買付注文を出すだけ。

なお注文時には、購入代金+手数料分の現金が必要になります。受渡日に、注文に利用したポイント分に相当する現金が預り金に戻ります。投資信託のポイント投資のように、完全にポイントだけで投資できるわけではありません。

ポイント投資 国内株式取引 概要

ポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定することで、NISA口座での取引や、PTS夜間取引を含む、国内株式(現物取引)の購入代金と手数料の一部、または全額に楽天スーパーポイントを利用することが可能。

対象銘柄

国内株式 現物取引 取扱い銘柄
※IPO、PO、ライツ・オファリング(払い込みによるもの)を除く。

対象取引

現物取引 買い注文(夜間PTS含む)

対象口座

NISA口座、特定口座、一般口座
※ジュニアNISA口座は対象外。

ポイント利用単位

楽天スーパーポイント(通常ポイント)1ポイント=1円から
※期間限定ポイント、他ポイントから交換して保有している楽天ポイントは除く。

楽天スーパーポイントの利用可能上限

  • 500,000ポイント/1日
  • 500,000ポイント/1ヶ月

share

Amazon おすすめ情報

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 880 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、9,000 万曲以上を高音質で楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Amazon Music Unlimited