今度は「ポプラグループ」のコンビニエンスストア全店で「楽天ペイ」が利用可能に。

楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、「ポプラグループ」のコンビニエンスストア全店舗で利用可能となります。サービス開始は12月中旬。全国の「ポプラ」や「生活彩家」など、「ポプラグループ」のコンビニエンスストア約470店舗で、スマホによる支払いが可能となります。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は現在、コンビニだとローソンで利用可能です。12月中旬よりさらに、「ポプラグループ」のコンビニエンスストア約470店舗でも利用可能となります。「楽天ペイ(アプリ決済)」は、楽天の登録情報を利用して、スマホで決済を行うサービス。対応店舗ではアプリ経由でバーコードやQRコード読み取りや自分で金額を入力するなどして、財布を出さずスマートフォンで支払いが可能です。

支払いで楽天スーパーポイントを貯めたり(基本は200円につき1ポイント)、支払いに使ったりすることも可能。支払い元となるクレジットカードに楽天カードを設定しておけば、さらに100円につき1ポイントを貯めることができます。

今回「ポプラグループ」で導入されるのはコード表示タイプの支払い方法。ユーザーがスマホ画面に表示したバーコードを店舗が読み取ることで決済が完了します。

組み合わせて最大2.5%ポイント還元

「ポプラグループ」ではすでに楽天ポイントカードが導入されていて、「楽天ポイントカード / 楽天ポイントカードアプリ」を提示することで100円の買い物につき1ポイントの「楽天スーパーポイント」を貯めることができます。

楽天ペイ対応後は、「楽天ポイントカード / 楽天ポイントカードアプリ」と「楽天ペイ(アプリ決済)」、支払い元クレジットカードに「楽天カード」を指定することで、200円の買い物につき5ポイントの楽天スーパーポイントを獲得することが可能となります。

「楽天ポイントカード / 楽天ポイントカードアプリ」 = 100円につき1ポイント
「楽天ペイ(アプリ決済)」 = 200円につき1ポイント
「楽天ペイ(アプリ決済)」の支払い元クレジットカードが楽天カード = 100円につき1ポイント

※ ポイント付与金額はすべて税込み価格

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で