楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が、7月より「まいどおおきに食堂」で利用可能になります。楽天とフジオフードシステムが「楽天ポイントカード」で提携したことを発表しています。

両社が「楽天ポイントカード」で提携したことで、フジオフードシステムが運営する「まいどおおきに食堂」直営店の一部店舗にて、2018年7月より順次、アプリを含む楽天ポイントカードが利用可能となります。楽天スーパーポイントを貯めたり、会計時にポイントでの支払いができるようになります。

また秋からは本格導入がはじまり、「まいどおおきに食堂」「串家物語」「手作り居酒屋 かっぽうぎ」「つるまる」などの直営416店および一部FC店でも楽天ポイントカードが利用可能となります。

ポイント付与率は税抜き200円につき1ポイントの0.5%。

「まいどおおきに食堂」と言われても聞いたことないなと思ったのですが、「◯◯ (地名) 食堂」のあのお店なんですね。札幌にも里塚とかにありますね。

フジオフードシステムは現在、「まいどおおきに食堂」を中心に、国内外で834店の外食店舗を運営。「まいどおおきに食堂」「串家物語」や「つるまる」「かっぽうぎ」のメインブランドに加え、「タルト&カフェ デリス」「はらドーナッツ」「ホノルルコーヒー」「ザ・どん」「SALADSTOP!」などのサブブランドをあわせ37ブランドを展開しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で