楽天カードを利用していると、リボ払いのキャンペーンがちょくちょく開催されます。○○ポイントプレゼントだったり、ポイントが○倍だったり。毎月の支払いが一定になり、支払い計画が立てやすい一方で、金利が非常に高いなどのデメリットも。総返済額が高額になりがちと言えるリボ払いを、消費者が選択するメリットはあるでしょうか。

リボ払いの仕組み

リボルディング返済方式(通称:リボ払い)は、クレジットカードによる支払い方法の1つ。買い物などによる利用金額や利用件数にかかわらず、毎月の支払い金額がほぼ一定(元本返済額と手数料の合計)となる支払い方法です。

消費者に、リボ払いを選ぶメリットはあるか

消費者がリボ払いを選ぶメリットは、毎月の支払いが一定額に抑えられる点があります。利用額や件数に関わらず毎月決められた金額を支払えばいいので、支払いの計画が立てやすい。あるいは、限度額までは支払額を気にせずカードを利用できます。

リボ払いのデメリット

返済額が決まっているからと無計画に利用してしまうと、当然ですが支払い残高が増えます。そうなると支払期間が延びたり、毎月の支払額が増加したりします。リボ払いを利用すると、カード会社やカードの種類によって異なりますが、当然ながら割賦の金利が発生します。そしてこの金利がリボ払いの場合は高利率となっています。

楽天カードの場合

たとえば、楽天カードのリボ手数料は、実質年金利15.00%です。円の預貯金の金利が0.1%を下回っている昨今、これは非常に高い金利といえます。キャンペーンの誘惑があるにせよ、支払いが長引けばマイナス面の方が大きくなってしまいます。

カード会社あの手この手でリボ払いを迫る背景には、カード会社にメリットがあるからということが言えます。ただ、消費者側も、使い方次第でメリットに変えることができます。

支払い方法を工夫してデメリット部分を相殺

利用者にとって見ると、高金利で支払期間が長引くほど元本に対して総支払額が多くなってしまうリボ払いは、利用するメリットが薄い支払い方法ですが、こちらも工夫して賢く使えば、デメリットをいくらか相殺することができます。

キャンペーンを賢く利用

たとえば、楽天カードではリボ払いでポイントがもらえるキャンペーンが少なくありません。街での買い物で支払い時にリボ払いを指定することで数千ポイントの還元を受けることができたり、還元ポイントが通常の○倍になったりといった具合。

支払い期間が長引けば金利分マイナスになることもありますが、逆に短くすることで、ポイントと金利手数料の差額の収支をいくらか相殺することができます。

余裕を持った返済額を設定

支払いで、月々の返済額を多めにしておけば、返済を1回で終わらせることができ、リボ手数料を低く抑えることができます。

楽天カードの当月リボ金利は、前月末時点の利用残高に対して実質年率15.00%です。仮に10万円の買い物をしてリボ払いを指定すると、1ヵ月後の手数料は「10万円×15%÷12」で1250円。この時にこの額以上のポイント還元キャンペーンがあれば収支がプラスとなり、リボ払いを利用するメリットが生まれます。

逆に月々の返済を少なくして、完済までの期間を長引かせると、手数料負担が大きくなってしまい、せっかくのおトクなキャンペーンに参加するメリットが薄れてしまいます。

使い方次第で、「月々の返済額が一定になる」以上の利点もなくはないリボ払い。負担を減らしながら賢く利用したいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で