【U-NEXT】課金ユーザー数が前期比2割増の258.7万人、国内の動画配信サービスシェア3位


U-NEXT

 

動画配信サービス「U-NEXT」の2022年2月末時点における課金ユーザー数が前期比で 40 万人以上伸び、258.7 万人になったと USEN-NEXT HOLDINGS の決算で報告されています。

新作・話題作や格闘技、音楽コンテンツのライブ配信など独自配信の拡充が功を奏し、前四半期比(2021年9-11月)との比較でも+11万人と課金ユーザーの増加が続いています。

課金ユーザーの純増が続いていることから売上高も順調に増加。

U-NEXT を含むコンテンツ配信事業の2021年9〜2022年2月売上高は20.8%増の348.1億円となりました。一方で営業利益に関しては、コンテンツ調達原価やテレビCM等による広告販促費の増加により減益に。0.3%減の32億円でした。

USEN-NEXT HOLDINGS 全体の売上高は1,140.16億円(+12.7%)、営業利益は88.49億円(+10.3%)、純利益は44.08億円(+0.8%)でした。

国内の定額制動画配信サービス(SVOD)で、U-NEXT はシェア 11.5%、Netflix や Amazon プライムビデオに次ぐ第3位。日本発のサービスとしてはdTVなどを上回り、最も多くのユーザーを獲得しています。

コロナ禍以降は1人あたりの平均視聴時間は増加傾向にあり、1アカウントで4アカウントまで作成できる、家族で使い分けられるファミリーアカウントの利用者も増えているということです。

U-NEXT について

「U-NEXT」は 31 万本以上の映画やドラマ、アニメなどの動画見放題に加え、190誌以上の雑誌が読み放題となる「観る」と「読む」をまとめて楽しめる動画配信サービスです。スペインサッカーリーグ「ラ・リーガ」も追加料金なし、見放題でライブ配信。

月額料金は 2,189 円(税込)。初回31日間の無料トライアルつき(有料作品の購入・レンタルや電子書籍に使えるポイントも 600 円分もらえる)。

ファミリーアカウントを作成すれば、1契約で最大4アカウント利用できる。視聴のプライバシーが守られるので安⼼です。

月額料金に含まれる 1,200 ポイントで、見放題に含まれない 5 万本もの公開・放送されたばかりの最新作をレンタルしたり、101 万冊以上(マンガ 64 万冊、書籍 31 万冊、ラノベ 6 万冊)の電子書籍を購入したり、劇場鑑賞用の映画チケットへ引き換えたりなどすることも可能です。

無料マンガ15,000冊以上や毎日無料40,000話以上も楽しめる。

※見放題の配信本数、読み放題対象の雑誌数は 2024 年 1 月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXT まずは31日間無料体験

関連キーワード

この記事をシェアする