[WordPress] 投稿記事のリビジョン(編集履歴)の自動保存回数を設定するプラグイン Revision Control


 

wordpress_logoWordPressには記事を編集するとその都度ページを自動で保存しておいてくれるリビジョン機能があります。

この機能はブラウザがフリーズしたりしたときの復旧なんかには大活躍してくれます。しかし保存されたリビジョンにもポストIDが割り振られているということで、IDは増えつづけていくのはあまり気分の良いものでは無いし、ずらーっと保存されたリビジョンは削除が出来ない厄介者。便利=楽なだけではありません。

Revision Control の導入方法

  1. Revision Control « WordPress Pluginsからプラグインをダウンロード
  2. ダウンロードしたプラグインをインストール
  3. 有効化して完了

設定メニューに表示されるRevisionsから投稿のリビジョン、ページのリビジョンを設定出来るようになります。使用するorしないの他に、2-14回までの回数の指定も。また投稿編集画面にも投稿リビジョンが表示され、個別に設定が可能です。


この記事をシェアする

Next

Previous

“[WordPress] 投稿記事のリビジョン(編集履歴)の自動保存回数を設定するプラグイン Revision Control” への4件のフィードバック

  1. たんこのアバター

    [WordPress] 投稿記事のリビジョン(編集履歴)の自動保存回数を設定するプラグイン Revision Control: WordPressには記事を編集するとその都度ページを自動で保存しておいてくれるリビジ.. http://bit.ly/dos2Fu

  2. さっかりん ファンブログのアバター

    [札幌] [WordPress] 投稿記事のリビジョン(編集履歴)の自動保存回数を設定するプラグイン Revision Control-t011.org http://t011.org/web/9598.html

  3. elogbot3のアバター

    [WordPress] 投稿記事のリビジョン(編集履歴)の自動保存回数を設定するプラグイン Revision Control: WordPressには記事を編集するとその都度ページを自動で保存しておいてくれるリビジョン機能があり… http://bit.ly/cWl7Qj

  4. gadgetのアバター

    [WordPress] 投稿記事のリビジョン(編集履歴)の自動保存回数を設定するプラグイン Revision Control: WordPressには記事を編集するとその都度ページを自動で保存しておいてくれるリビジョン機能があり… http://bit.ly/cWl7Qj