「公式」と「公認」「公式ライセンス」は何が違うの?【今さら聞けない】

混同されて使われることの多い「公式」と「公認」「公式ライセンス」について。記事の見出しで「○○公式」とか「○○オフィシャル」などと謳っていても、実はそうではないことが少なくありません。

自分も気をつけたい部分なので備忘録としてメモ。

公式(純正)

「公式」とは、あるサービス・製品を展開する会社(ファーストパーティ)のことを指しています。たとえば Apple は iPhone や Mac を販売していますが、これらは Apple 公式の製品と言えるものです。

それら iPhone や Mac など Apple 製品用のパーツや関連商品、周辺機器、アクセサリーを、Apple 自身が取り扱っていれば、それらは「純正品」であると呼ばれます。任天堂やソニーについても然り。

ニンテンドースイッチ用の製品、周辺機器、アクセサリーを任天堂が出していれば公式、純正品と言われますし、プレイステーション関連の製品をソニー(SIEを含む)が出しても同じように純正品と呼ばれますね。

公式ライセンス(公認)

「公認」や「公式ライセンス」は、公式製品を作っている会社(ファーストパーティ)から認められた、ライセンスを受けたサービスや製品のこと。

ゲーム機関連でいえば、たとえば任天堂ライセンス製品やPS4公式ライセンス製品を展開しているホリの周辺機器などが「公認」や「公式ライセンス製品」に該当します。

またエディットモードのブランドの1つ「THE KING OF GAMES(KOG、ザ キングオブゲームズ)」も、任天堂からライセンスを取得して各種アイテムを制作している任天堂公認のアパレルブランドです。

ざっくりまとめ

ある製品・サービスを展開しているメーカー(ファーストパーティ)が直接周辺機器等を手がければ「公式」、外部のメーカーがファーストパーティからライセンスを取得して展開する製品・サービスが「公認」「公式ライセンス」ということになりますね。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で最大 2,000 ポイントもらえる

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で最大2,000ポイントがもらえる。

Amazonギフト券チャージ : 初回チャージで最大 2,000 ポイントもらえる

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部の楽曲は Ultra HD 音質にも対応する、より高音質な「Amazon Music HD」へのアップグレードも無料。

Amazon Music Unlimited