任天堂・宮本茂氏が語る『ゼルダの伝説』、WiiU版最新作は広大なフィールドを生かした楽しみ、隙間時間でも遊べるものに。3DS向けには未発表のアイデアも

第74期定時株主総会の質疑応答より。E3 2014にて遂に発表された、Wii U向けの『ゼルダの伝説』最新作。ゼルダのことが気になって仕方ない株主から続報を求められた任天堂の宮本茂氏は、「正式に発表していること以外は申し上げられない」としながらも、任天堂が現在『ゼルダの伝説』で目指していることを説明しました。

「現在、いくつかの『ゼルダの伝説』シリーズのタイトルを作っています」と切り出した宮本氏。ゼルダの派生タイトルである『ゼルダ無双』に関しては“比較的アクションゲームに近い、(敵を)バサバサと切り倒していくゲーム”とあっさり目に紹介し(コーエーテクモ開発ですしね)、話はWii U版最新作へ。

「アタリマエを見直す」をテーマとして開発が進められている最新作。宮本氏はこれまでのゼルダの仕組み、たとえばダンジョンの攻略順序などのお約束を徐々に崩していこうとしていると話し(3DS『神々のトライフォース2』でダンジョン攻略順のアタリマエは見直されました)、Wii U版は

“『ゼルダの伝説』らしい遊びを広い場所で自由に楽しめ、時間の合間を見つけて遊べるというスタイルのゲームを開発しています”

“徐々に『ゼルダの伝説』シリーズの構造を変えてきておりまして、Wii U(の『ゼルダの伝説』)でも新しく展開していくための準備をしています”

と大まかに説明。広大な世界があって、プレイヤーはその世界の中で日々色々な事ができるとのこと。これまでのゼルダを振り返ってもサブイベントや息抜きは用意されていましたが、どちらかと言えばその成分は薄めでした。

オープンワールドにおいては、自分がどれだけその世界に係わることができるかも重要になってきますので、ゼルダ新作でもその点は意識されているのだと思います。

また宮本氏は、“まだ発表していないニンテンドー3DS向けのアイデア等もあります”と、早くも携帯機向けゼルダの次回作を匂わす発言も。今度こそあの仮面が、あのアレが復活するのでしょうか。あるいはまた別の形の新作が出てくることになるのか。携帯機ゼルダも注目です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible