Wii U本体と無線で繋がり、遅延無く動作・画面表示を行えるコントローラー「Wii U GamePad」ですが、本体との通信が必要であるため、そう遠くまでは離れていけません。最適なパフォーマンスを保てる距離は「約 8 m」程度であることが明らかになっています。

Wii U 本体と Wii U GamePad との通信距離について聞かれた任天堂のプロダクトマネージャー Bill Trinen 氏は

「任天堂はデバイスのパフォーマンスの観点から見ているので、ニンテンドー3DSのバッテリー持続時間のように、より保守的になる傾向にあります(つまり実際よりも厳しめに数値を見積もっている)」と前置きした上で、

Wii U 本体と Wii U GamePad との通信が最高のパフォーマンスを引き出せる距離は、メートルだと約 8m 程度、フィートだと約 24フィート 程度です。それがベストパフォーマンスを示せる距離です。とコメント。

海外、特にアメリカの場合は通信距離について気になるユーザーも多く出てきそうですが、日本の住環境の場合だと、リビングで遊んでいる限りはそう気にならない距離。別の部屋へ行ったりしない限りは、携帯型ゲーム機のように遊ぶことができそうです。

Bill Trinen 氏は学生時代に日本滞在経験があり、E3時等では通訳として登場することでも知られている人物。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン