任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」は、「TVモード」「テーブルモード」「携帯モード」と3つのプレイモードで遊ぶことができます。

「TVモード」で遊ぶときに使うことになる「Nintendo Switchドック」には、USB端子が3つ(側面に2つ、背面に1つ)備わっていますが、どのような用途で使えるでしょうか。

Nintendo Switch ドックの USB 端子は何に使う?

Nintendo Switch ドックには3つのUSB端子が備わっています(側面に2つ、背面に1つ)。どんな機器を接続するのに使うのかと言うと、たとえばJoy-Con充電グリップやNintendo Switch Proコントローラーを充電するときに活用できます。Proコントローラーはこのとき、有線コントローラーとして使うこともできます。その他、任天堂公式ライセンス商品のコントローラーを接続して使うことができます。

ゲームキューブコントローラーを接続

「ニンテンドー ゲームキューブ コントローラ 接続タップ」を接続すれば、対応ソフト(大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)をニンテンドーゲームキューブコントローラで遊ぶことができます。

マイクを接続

Switchでカラオケを楽しめる『カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch』(ダウンロード無料)が2017年12月6日にリリースされました。このカラオケに使えるUSBマイクを接続することができます。ワイヤレスマイクのレシーバーを接続するのにも使います。

有線LANアダプターを接続する

Nintendo Switch は基本的に無線Wi-Fiでインターネットに接続することになりますが、有線接続することも可能です。市販の有線LANアダプターをドックのUSB端子に接続し、LANケーブルでルーターと有線LANアダプターをつなぎます。

HOMEメニューの「設定」>「インターネット」>「インターネット設定」の「登録済みのネットワーク」に「有線接続」があるので選択。

「有線でインターネットに接続」を選び「接続しました。」と表示されれば設定は完了。有線インターネット接続でオンラインプレイを利用できます。

なお、有線接続をしただけだと、ドックからSwitch本体を取り出した段階でインターネットに接続できなくなります。無線接続も合わせて行っておくと、Switch本体をドックから取り出したときに無線接続へ切り替わります。

背面のUSBポートは発売時点ではUSB2.0で動作しますが、将来的にUSB3.0へ対応する予定。

外付けハードディスクは接続できる?

Nintendo Switch は、ドックから取り出せばすぐに「TVモード」から「テーブルモード」や「携帯モード」に切り替わります。そのため、ドックに外付けハードディスクをUSB接続して、保存容量を増やすことはできません。

任天堂によると「対応予定はありますが、機種や対応時期については未定」です。将来的に対応の可能性は残されているとはいえ、ドックにHDD接続してデータのやりとりをすると、3つのプレイモードのうち2つ「テーブルモード」「携帯モード」を使えなくなります。技術的に対応可能だとしても実装されるかどうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で