据置型ゲーム機でありながら、携帯型ゲーム機のように持ち出しても遊べるNintendo Switch (ニンテンドースイッチ)。

テレビから離れたところでも気軽に遊べるようになっただけに、気になるのはバッテリーの持ち時間。このページではSwitch本体や対応コントローラーのバッテリー持続時間を紹介しています。

本体・コントローラーのバッテリーの定格情報

各機器のバッテリーの定格情報(電圧、バッテリー容量、ワット時)は次の通りです。

  • Nintendo Switch本体
    • 3.7V / 4,310mAh / 16Wh
  • Joy-Con
    • 3.7V / 525mAh / 1.9Wh
  • Nintendo Switch Proコントローラー
    • 3.7V / 1,300mAh / 5Wh

Switch 本体や各種コントローラーのバッテリー持続時間

Nintendo Switch 本体

Nintendo Switch 本体のバッテリー持続時間は「約2.5時間 〜 6.5時間」です。この時間はあくまでフル充電後のバッテリー持続時間の目安であり、遊ぶソフトによって異なります。たとえば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では、プレイ時間の目安は「約3時間」です。

コントローラー

Joy-Con

本体セットに付属している標準コントローラーのJoy-Conは、フル充電の状態で「約20時間」連続プレイが可能です。TVモードやテーブルモードで遊んだあと、うっかり充電し忘れてそのままにしてしまっても、次回以降、ある程度の時間はそのまま遊び続けることが可能です。

Nintendo Switch Pro コントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー(別売)はより長く、フル充電なら「約40時間」遊ぶことができます。長時間のゲームプレイも快適に、疲れにくい設計となっているプロコン。夢中になって遊んでも、その日のうちに途中で充電が切れる心配はほぼありません。

バッテリーの充電時間

公式に案内されている、本体やコントローラーの充電時間は次の通りです。実際の充電時間もおおむねこのくらいの時間がかかります。

  • Nintendo Switch 本体 → 約3時間(※本体をスリープして充電したときの時間)
  • Joy-Con → 約3時間30分
  • Nintendo Switch Proコントローラー → 約6時間

というわけで、「【Nintendo Switch】本体やJoy-Con等コントローラーのバッテリーについて、持続時間や充電に必要な時間は何時間?」という話題でした。

「携帯モード」で長時間遊ぶなど、本体のバッテリー持ちが心配なときは、モバイルバッテリーがあると安心です。大容量モデルならSwitchの充電以外に旅行時や万が一の災害の際、スマホ等の充電に活躍します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で