【フォートナイト】『メトロイド』からサムス・アランが参戦する可能性があった


メトロイド ドレッド - サムス・アラン

 

交渉決裂で幻に。

Epic Games は同社の人気ゲーム『フォートナイト』で、さまざまな他社キャラクターとのコラボレーションを行っています。『スター・ウォーズ』とのコラボも予告されています。

PlayStation から『God of War』のクレイトス、Xbox から『HALO』のマスターチーフも登場。ハードの垣根を超えてバラエティ豊かなキャラクターが『フォートナイト』に参戦しています。とくれば、次はいよいよ任天堂からも誰か参戦するのではないか。特に『メトロイド』のサムス・アランの参戦を期待する声が多く挙がっていました。最終的にサムス参戦は実現はしませんでしたが、Epic Games と任天堂、両社の間では水面下で実際に話しが進んでいたようです。

幻『フォートナイト』と『メトロイド』のクロスオーバー

『メトロイド』のサムス・アランの『フォートナイト』への参戦はファンが期待していただけでなく、実現へ向けて Epic Games と任天堂との間で実際に協議が進められていました。最近のインタビューによるとEpic Games の元CCO Donald Mustard 氏は、Epic Games が『フォートナイト』のスキンとしてサムスを追加するクロスオーバーの実現について、任天堂と話し合いを持っていたことを明らかにしました。

ただ任天堂は当時、他プラットフォームへの自社キャラクター展開に消極的だった(Nintendo Switch独占コンテンツ化を目指していた)ため、交渉はまとまらなかったそうです。

「任天堂は他社のプラットフォーム上に自社キャラクターが登場することを渋っていました。『フォートナイト』に彼らのキャラクターが登場することは喜んでくれたようですが、任天堂プラットフォームでのみという条件付きでした」

任天堂は自社キャラクターを自社プラットフォームで独占的に展開したいと考えていました。一方で Epic Games は『フォートナイト』を、すべてのプラットフォームで、どの画面やデバイスでプレイしても「同じ体験」を提供したいとの考えをもっています。意見の相違のためこの交渉は折り合いがつかず、実現しませんでした。

『フォートナイト』開発元である Epic Games は昨年、「任天堂とのクロスーオーバーがもし実現すれば、ゲーム史上最大のクロスオーバーになるだろう」と語っていました。

同じ体験を提供するため、すべてのプラットフォームに開放したかったEpic Gamesと、自社プラットフォームへのこだわりを見せた任天堂との考え方の違いで、今回はサムス・アランの『フォートナイト』参戦は実現しませんでした。

『フォートナイト』は任天堂プラットフォームでも最も人気のあるタイトルのひとつです。今後、任天堂とEpic Games両社がふたたび協力し、妥協点を見つけることができれば、任天堂キャラクターの参戦が実現するかもしれません。


この記事をシェアする

Next

Previous