LAに「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の巨大3D広告が登場、『マリオカート ~クッパの挑戦状~』のオリジナルアニメーション


 

2023年2月、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がオープン。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに続いて、任天堂のキャラクターとその世界をテーマとした、全身で楽しめるインタラクティブなエリアがアメリカでも楽しめるようになりました。

任天堂の世界観に入り込むだけでなく体験型ライド『マリオカート ~クッパの挑戦状~ (Mario Kart: Bowser’s Challenge)』も楽しむことができます。

ユニバーサルは「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を紹介するため、『マリオカート ~クッパの挑戦状~』の 3D 広告を作成。アメリカのロサンゼルス最大級だという 3D ビルボードにて大々的に PR しています。

約 50 × 300 フィート(15.24 × 91.44 メートル)の巨大な 3D ビルボードの場所はロサンゼルスのダウンタウン、フィゲロア・ストリートとピコ・ブルバードの交差点に位置。マリオとテーマパークのゲストがクッパと一緒にレースを繰り広げる様子がオリジナル 3D アニメーションで描かれています。

日本でも注目を集める 3D 広告看板。東京新宿にある 3D 広告「クロス新宿ビジョン」の大きさは約 8.16 × 18.96 メートル。大阪梅田の「梅田BS3Dビジョン」は約 7.4 × 14.1 メートルだそう。

スーパー・ニンテンドー・ワールドの広告ですが Nintendo Switch ソフト『マリオカート8 デラックス』の宣伝にもつながりそうですね。


share