任天堂、映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』公開に合わせていつかハイライトを準備

1月20日の『ファイアーエムブレム エンゲージ』を皮切りに、5月の『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』、年内発売予定の『ピクミン4』など、2023年も任天堂は Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに注目作を複数発売する計画。ゲーム以外の面でも、2月にはユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの「スーパーニンテンドーワールド」がオープンしますし、マリオの 3D アニメーション映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が4月に公開される予定となっています。

夏から後半にかけてはまだ見えてこない部分も多いものの、任天堂は映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』にあわせて何らかの計画を準備しているようです。

「我々は映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』に合わせていくつかのハイライトを計画しています。今はまだ内容は言えないのですけれど」と、ファンを驚かせる用意があると任天堂フランスのゼネラルマネージャーを務める Philippe Lavoué 氏はコメント。

ひとつではない複数の計画が動いているようです。

映画公開に合わせた計画ということなので、当然マリオ関連と思われます。ゲームに関係しているのであれば 2017 年の『スーパーマリオ オデッセイ』以来となるスーパーマリオ本編最新作が期待されるところ。

『マリオカート8 デラックス コース追加パス』は2023年末までにあと3回の配信が予定。2022年は3月・8月・12月に配信されました。後半戦スタートの第4弾はいつになるでしょうか。

share