【スプラトゥーン3】AMD FSR 採用でパフォーマンス向上が期待


 

2022年9月9日発売の Nintendo Switch ソフト『スプラトゥーン3』。新たな舞台で新たなバトルが繰り広げられる、スプラトゥーンシリーズの最新作です。スイッチでは『スプラトゥーン2』に続いて第2作目ということになりますが、新たに AMD のアップスケーリング技術「FSR 1.0(FidelityFX Super Resolution 1.0)」が採用されていることが、前夜祭ソフトから明らかになっています。

最近の任天堂のソフトでは『Nintendo Switch Sports』でもこの技術が取り入れられていて、グラフィック品質の低下を抑えつつ、GPU の負荷を減らし、安定した高フレームレートの実現に貢献しています。

『スプラトゥーン』シリーズは基本的に秒間 60 フレーム(60fps)で動作しますが、『スプラトゥーン2』ではハイカラスクエアの広場内で 30fps となっていました。また負荷の高い場面ではフレームレートを保持することを優先し、ゲームプレイに支障がない程度に解像度が低下する動的解像度が用いられています(最大1080p)。ちなみに初代『スプラトゥーン』は720p / 60fps でした。

『スプラトゥーン3』においては AMD FSR 1.0 が採用されたことで、『スプラトゥーン2』での体験以上に、画質低下の影響を抑えつつ安定したフレームレートでゲームプレイが可能になっていると思われます。新たなステージやギミック、ウェポン等による新鮮な表現も期待できます。


この記事をシェアする

Next

Previous