【噂】『バットマン:アーカム・コレクション』がNintendo Switchに対応か、アーカム三部作をまとめて楽しめる1本

噂 : Batman:Arkham Collection (バットマン:アーカム・コレクション)

Rocksteady Studios による『Batman: Arkham』(バットマン:アーカム)シリーズ三部作をまとめた『Batman:Arkham Collection』(バットマン:アーカム・コレクション)が、2022年内に Nintendo Switch でも遊べるようになるかもしれません。

フランス小売 WTT が一時掲載した情報によれば、Nintendo Switch 版『Batman:Arkham Collection』が 2022 年 8 月 31 日までに発売予定。同サイトでは以前、『The Witcher 3: Wild Hunt』の Nintendo Switch 移植が、公式発表より前に表示されたことがありました。

Rocksteady によるアーカム三部作をまとめて楽しめる1本

『Batman:Arkham Collection』はワーナー傘下の Rocksteady Studios が手掛ける、DC コミックの『バットマン』を題材とするオープンワールド・アクションアドベンチャーゲーム『Batman: Arkham』シリーズ三部作を1つにしたコレクションタイトル。

シリーズ1作目の『Batman: Arkham Asylum』(バットマン:アーカム・アサイラム)と続く『Batman: Arkham City 』(バットマン:アーカム・シティ)、最終作の『Batman: Arkham Knight』(バットマン:アーカム・ナイト)を、過去に配信された DLC 込でまとめて楽しむことができます。『アーカム・アサイラム』と『アーカム・シティ』はリマスターされより美しいグラフィックでゲームを体験可能。

『アーカム・ナイト』にはさらに、映画『ハーレイ・クインの華麗な覚醒 BIRDS OF PREY』でもフィーチャーされたキャラクターが登場するDLC「ハーレークィン パック」「レッドフード ストーリー・パック」も収録。

任天堂プラットフォームでは 2012 年、Wii U でシリーズ 2 作目の『アーカム・シティ』が Wii U GamePad を活用する調整を施した上で発売。翌 2013 年にはシリーズ3作目にして外伝の『Batman: Arkham Origins』(バットマン:アーカム・ビギンズ)も発売されました。また横スクロールアクション『Batman: Arkham Origins Blackgate』(バットマン:アーカム・ビギンズ ブラックゲート)がニンテンドー3DSで発売されています。

『アーカム・ビギンズ』は Rocksteady ではなく WB Games Montréal が開発を担当。『アーカム・アサイラム』や『アーカム・シティ』よりも数年前、最も危険な犯罪が起こる前のゴッサム・シティを舞台に、まだ若く未熟なバットマンがダークナイトになっていく姿が描かれます。『アーカム・ビギンズ ブラックゲート』は『アーカム・ビギンズ』のもう一つの物語。開発を担当した Armature Studio は、『メトロイドプライム3 コラプション』(任天堂/レトロスタジオ)のコアスタッフが設立したスタジオです。

『アーカム・アサイラム』と『アーカム・ナイト』は任天堂プラットフォームで発売されていないので、『バットマン:アーカム・コレクション』が Nintendo Switch で発売されることになれば初対応。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。