【Amazon Echo】「アレクサ、〇〇をして」言わなくてもOK、人の在室・不在を検知して自動で照明をつける・消すなどの定形アクションを利用可能に

Amazon Echo ファミリー

Amazon の音声アシスタント Alexa が、人の在室を検知したり、不在を判定して起動する定型アクション機能を利用できるようにました。

現時点で対応する Alexa 搭載デバイスは Echo Show 10(第3世代)、Echo Show 8(第2世代)、Echo Show 5(第2世代)、Echo(第4世代)、Echo Dot(第4世代)といった Echo シリーズ。

在室・不在を判定して定形アクションが起動

たとえば人が Echo シリーズのデバイスのそばにいること(在室)を検知したときに、「アレクサ、〇〇をして」といつものように話しかける必要なく、Alexa が起動。

自動的に照明などの家電の電源をつけたり、天気やニュースを読み上げたり、音楽を再生したりする定型アクションを Alexa アプリから設定、利用することができます。

同様に、デバイスのそばに人がいない(不在)と判定された時は、自動的にテレビやエアコンなどの家電の電源を切ったり、音楽の再生を止めたりするなど、事前に設定した定型アクションを実行することができます。

対応する Echo のうち、ディスプレイ搭載の「Echo Show 10」「Echo Show 8(第2世代)」「Echo Show 5(第2世代)」では、端末のカメラで捉えたコンピュータービジョンを利用して、その場所に人がいるかどうかを検出します。画面なしの「Echo(第4世代)」「Echo Dot(第4世代)」「Echo Dot with clock(第4世代)」では、端末のスピーカーとマイクで超音波によるモーション検知機能を使用して近くの動きを検出します。

なおコンピュータービジョンで認識された画像やビデオは端末上でローカルに処理され、クラウドには送信されません。モーションが検出されると端末はクラウドに信号を送信し、ユーザーが有効にした機能が正常に機能できるようにするということです。

この機能を利用するには、ユーザーはデバイス毎に定型アクションを設定する必要があります。

Echo & Alexa 通販 | Amazon

share