【比較】「Nintendo Switch(有機ELモデル)」登場、改良点や性能など現行機種との違いは

Nintendo Switch(有機ELモデル)

任天堂は2021年7月6日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)の新たなバリエーションとして「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を発売すると発表しました。

発売日は2021年10月8日で、価格は37,980円(税込)。

本体カラーは「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」の2種類。

現行モデルとライトも販売を継続。有機ELモデルの登場により、Nintendo Switch ファミリーは3つのバリエーション展開となります。

有機ELモデルは現行モデルとどこが変わったのでしょうか。

この記事では新たに登場する有機ELモデルの特長や現行モデル(ノーマル)との違いについて紹介しています。

Nintendo Switch(有機ELモデル)登場

Nintendo Switch(有機ELモデル)

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は、鮮やかな発色が可能となる有機ELディスプレイを搭載したニンテンドースイッチの新たなバリエーション。

現行モデルのスイッチとほぼ同じ本体サイズに、7.0 インチの有機ELディスプレイが搭載されます。現行のスイッチは6.2インチ液晶、ライトは5.5インチ液晶です。ディスプレイ枠のベゼルが細くなり、テーブルモードや携帯モードで遊ぶ際の没入感が増しています。

機能・特長を比較

任天堂は「Nintendo Switch(有機ELモデル)」発売後も従来モデルを併売していくと発表。「Nintendo Switch(有機ELモデル)」と「Nintendo Switch」(現行通常モデル)、「Nintendo Switch Lite」の3種類のバリエーション展開となります。

主な機能や特長の違いは以下の通りです。

 Nintendo Switch
有機ELモデル
Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
サイズ縦102mm×横242mm×厚さ13.9mm
(Joy-Con取り付け時)
縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm
(Joy-Con取り付け時※)
縦91.1mm×横208mmx厚さ13.9mm
質量約320g
(Joy-Con取り付け時:約420g)
約297g
(Joy-Con取り付け時:約398g)
約275g
画面7.0インチ
有機ELディスプレイ
1280×720ピクセル
6.2インチ液晶
1280×720ピクセル
5.5インチ液晶
1280×720ピクセル
タッチスクリーン静電容量方式静電容量方式静電容量方式
CPU/GPU
NVIDIA社製
カスタマイズされたTegraプロセッサー
NVIDIA社製
カスタマイズされたTegraプロセッサー
NVIDIA社製
カスタマイズされたTegraプロセッサー
本体保存メモリー64GB32GB32GB
通信機能無線LAN
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠

Bluetooth 4.1
無線LAN
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠

Bluetooth 4.1
無線LAN
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠

Bluetooth 4.1
NFC
近距離無線通信
有線LAN
TVモード時

市販の有線LANアダプターが必要
映像出力
TVモード
最大 1920×1080ピクセル
60fps
最大 1920×1080ピクセル
60fps
携帯モード
テーブルモード
1280×720 ピクセル1280×720 ピクセル1280×720 ピクセル
(携帯モード専用)
音声出力リニアPCM 5.1ch対応リニアPCM 5.1ch対応
スピーカーステレオステレオステレオ
内蔵バッテリー4310mAh
リチウムイオンバッテリー
4310mAh
リチウムイオンバッテリー
3570mAh
リチウムイオンバッテリー
バッテリー
持続時間
約4.5~9.0時間約4.5~9.0時間約3.0~7.0時間
充電時間約3時間約3時間約3時間
価格(税込)37,980円32,978円21,978円

7.0 インチ 有機ELディスプレイ

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は現行モデルと本体サイズはほぼ変わらずに、ディスプレイサイズが 7.0 インチに拡大。有機ELの採用で、これまでより色鮮やかな発色が可能になりました。

  • Nintendo Switch 有機ELモデル : 7.0 インチ(1280×720 ピクセル)
  • Nintendo Switch : 6.2 インチ(1280×720 ピクセル)
  • Nintendo Switch Lite : 5.5インチ(1280×720 ピクセル)

6.2インチ画面から7インチ画面へ

解像度はこれまでと変わらず、1280×720 ピクセル。そのため 1 インチあたりの画素数 ppi は若干低下。

スタンドの改良

Nintendo Switch(有機ELモデル)

テーブルモードで遊ぶ際に便利なスタンド。「Nintendo Switch(有機ELモデル)」では好みの角度で固定できるフリーストップ式が採用。自分の見やすい角度でプレイできるようになりました。またスタンド幅がワイドになり安定感が向上。マルチプレイが白熱しても、画面が不安定になることが減っています。

スピーカーの改良

本体搭載スピーカーが改良され、新しいステレオスピーカーが搭載。携帯モードやテーブルモードでのプレイを、よりクリアなサウンドで楽しめるようになりました。

本体保存メモリーが「64GB」に

従来は「32GB」だった本体保存メモリーが、「64GB」に倍増。microSDカードを使わないときの容量不足の不安がやや軽減しています。もちろん、microSDカードを使いさらに容量を増やすことも可能です。

  • 64GB : Nintendo Switch(有機ELモデル)
  • 32GB : Nintendo Switch、Nintendo Switch Lite

有線LAN端子を搭載した新しいドック

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」ではTVモード時に使用する付属のドックも新しいモデルに変更。新たなドックは2つのUSB端子とテレビに接続するためのHDMI端子、有線LAN端子が搭載されています。

従来のドックはUSB端子が側面に2つ、背面に1つの計3つ。背面のUSB端子が有線LAN端子に置き換えられる形となりました。

なおこの新しいドックは、従来の Nintendo Switch でも使うことができます。また従来のドックを、「Nintendo Switch(有機ELモデル)」で使うことも可能です。

Joy-Con

Nintendo Switch(有機ELモデル)

Joy-Conのアップデートはなし。良くも悪くも機能面の変更はなく、今ある Joy-Con をそのまま使うことができます。

対応ソフト

Nintendo Switch に対応する全てのソフトで遊ぶことができます。

ただしこれまでとはわずかではありますが本体サイズが異なり、また画面サイズも異なることから、一部のソフトでゲーム体験に違いが生じる場合があります。

性能面の変更はあるの?

新型スイッチに関して様々な噂や憶測が飛び交っていた中で、最も注目されていた部分だったであろう性能の向上。高性能化した他社の次世代機から大きく見劣りしないよう、競争力を維持するため4K出力に対応するだとか、それに合わせて性能がアップすると報じられてきました。

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は「Nintendo Switch Pro」あるいは「New Nintendo Switch」と呼ばれるような、性能向上はあるのでしょうか。

CPUやRAMの変更はない

任天堂は海外メディア The Verge に対して、CPUやメモリーといった内部仕様に大きな変更がないことを明らかにしています。

任天堂の広報担当者は、「Nintendo Switch(有機ELモデル)は、これまでの Nintendo Switch モデルから新たな CPU を搭載したり、RAMを増やしたりはしていません」と回答しています。

任天堂公式の仕様を見ても、他モデルと同じ「NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー」であるとされています。現状、性能の向上を示すソースはありません。

Nintendo Switch は2017年3月に発売。2年後の2019年には携帯モードに特化した Nintendo Switch Lite が発売されています(合わせて通常モデルもバッテリー持続時間等を改善したモデルに変更)。さらにそこから2年、3つ目の本体バリエーションとして Nintendo Switch(有機ELモデル)が加わりました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。