『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』の改良点には“さまざまなQOL向上”も含まれる

ファイは静かになりますか?

2021 年 7 月 16 日発売の『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』。2011 年に Wii で発売されたタイトルのリメイク版です。「マスターソード」の誕生や、なぜゼルダが伝説と語り継がれるようになったのか等、『ゼルダの伝説』のはじまりの物語が描かれます。

Nintendo Switch でのリメイクにあたり、任天堂はいくつか新要素や改善点を明らかにしています。たとえばJoy-Con2本持ちによるモーション操作や、ボタン操作への対応。高画質化や 60fps での動作といったビジュアル面・パフォーマンス面の強化に関してはすでに明らかになっています。

また『amiibo』を使用することでのみ利用できるファストトラベルの改良もあります。

それらに加えて任天堂は本作をより遊びやすくなるよう、改善を加えているようです。

さまざまな QOL の向上

任天堂 UK の公式ウェブサイトの商品ページに掲載された情報によれば、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』にはパフォーマンスの向上やモーション操作の改善、ボタン操作の導入に加えて、「プレイヤーチュートリアルや冒険全体を通した一般的なガイダンスの改良など、さまざまな面における QOL の向上」が含まれます。

任天堂UK

『スカイウォードソード』では“ファイ”というリンクをナビゲートするキャラクターが登場。おせっかいすぎるほどのセリフ量でリンクにヒントを示してくれます。また必要以上にアイテム入手演出を見せられるなど、冒険のテンポを悪くする要素も。

QOL の向上で、ファイの助言が適正な頻度に調整されているか。自分で設定できるようになっていることを期待できるでしょうか。あるいはさらにより快適なスカイウォードソード体験ができるようになっているのでしょうか。

share