グッド・フィールが完全新作アクションの開発を本格始動、“コミカルな冒険活劇”で代表作を目指す

『毛糸のカービィ』や『ヨッシー クラフトワールド』などでよく知られるグッド・フィールが、以前明らかにしていた完全新作プロジェクトの本格始動を発表しました。

これにともない、開発に携わるスタッフの募集を開始しています。

代表取締役でこのプロジェクトのプロデューサーを務める蛭子悦延氏によると、新作は“コミカルな冒険活劇”。「関西のノリやサービス精神をいっぱい詰め込んだアクションゲームを目指し、チーム一丸となって頑張っています。そして、ゆくゆくは当社の代名詞となるようなタイトルにできればと意気込んでいます」と述べています。

ディレクターの塚脇忠典氏もこのプロジェクトについて、テーマは“笑い”であるとコメントしています。

募集職種

  • デザイナー(3Dキャラクターモデリング)
  • デザイナー(3Dキャラクターモーション)
  • デザイナー(3D背景モデリング)
  • プランナー
  • プログラマー

グッド・フィールとは

グッド・フィールは、コナミで『がんばれゴエモン』シリーズに携わったスタッフが中心となって立ち上げたゲーム開発スタジオ。代表取締役社長の蛭子悦延氏はエビス丸のモデルとなった人物。ゴエモンシリーズのスタッフが多いことからアクションゲーム開発を得意としています。

任天堂と共同で『ワリオランドシェイク』や『毛糸のカービィ』『ヨッシー ウールワールド』『ヨッシー クラフトワールド』などを開発。近年はオリジナルタイトルとして『Monkey Barrels』を手がけるなど、デベロッパーとしてだけでなくパブリッシャーとしても活動の場を広げています。

share