【マリオ+ラビッツ】新作が2022年に登場、現時点で判明していること

マリオ+ラビッツ スパークス オブ ホープ(仮)

Ubisoft は E3 のオンラインイベント “Ubisoft Forward” にて、750万人以上がプレイした『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』の続編となる『Mario + Rabbids Sparks of Hope』(日本タイトルは未定)を Nintendo Switch 向けに発表しました。

発売は 2022 年予定。

マリオとラビッツのハチャメチャな冒険の次なる舞台は、宇宙。闇の力を持つ強大な敵から星、そして宇宙を守るため、マリオとラビッツが立ち上がります。

ちょっぴり気だるそうな新たな仲間「ラビッツロゼッタ」も登場。

『マリオ+ラビッツ』シリーズとは

『マリオ+ラビッツ』は、任天堂のキャラクター「マリオ」と、Ubisoftのキャラクター「ラビッツ」がコラボした、バトルと探索が組み合わさったハチャメチャな「戦略シミュレーションアドベンチャー」。

マリオらしいアクションと、ラビッツのやんちゃでハチャメチャな世界観とのクロスオーバー。

奥深いターン制バトル

バトルはターン制で進行。

マリオたちは3人1組でチームを作り、武器を手に仲間と連携しながら敵に挑みます。移動したり、隠れたり、スライディングしたり、ジャンプしたり、攻撃したり。新作では新たなアクションが加わり、よりダイナミックな展開のバトルを楽しめます。

新たな仲間、新たなアクション

今作では9キャラクターが登場。

「宇宙」が舞台ということでロゼッタやチコの姿をしたラビッツが登場。チコの姿をしたラビッツには特殊な能力が備わっており、バトルでプレイヤーをサポートしてくれ。全部で数十種類が登場。

追加コンテンツも計画

前作は発売後にダウンロードコンテンツ(有料)が配信。新たなアイテムを入手したり、ドンキーコングのエピソードやバトルを楽しむことができました。新作でも発売後に追加コンテンツの配信が計画。より多くのコンテンツで遊ぶことができるようになります。

『バンジョー&カズーイ』シリーズの作曲家が参加

コンポーザーとして、Grant Kirkhope 氏の参加が明らかになっています。Grant 氏は前作『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』に引き続いてコンポーザー担当。

Grant 氏はレア時代に『ドンキーコング64』や『バンジョーとカズーイの大冒険』等タイトルの楽曲を制作。最近では Playtonic の『Yooka-Laylee』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にも参加しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。