任天堂、旧宇治工場を「任天堂資料館(仮称)」として活用、展示にとどまらず体験も含めた観光施設にリノベ

任天堂は2021年6月2日、任天堂宇治小倉工場用地(旧宇治工場)を「任天堂資料館(仮称)」として活用すると発表しました。資料館には、任天堂が過去に発売した商品が展示。体験も含めた観光施設としての集客を目指すとしています。完成は2023年度(2024年3月期)予定。

発表によると、任天堂は以前より、任天堂のものづくりに対する考え方を広く理解してもらえるよう、過去に発売した商品を展示する資料館施設の設置を検討していたのだそう。

今回、近鉄小倉駅周辺の活性化を図る宇治市の意向を受け、このタイミングで宇治小倉工場を資料館施設としてリノベーションすることを決定したということです。

任天堂資料館(仮称)イメージ

リノベーションされることになった任天堂宇治小倉工場は、1969年に「宇治工場」として建設。その後、現在の宇治工場(京都府宇治市槇島町)の建設と増改築にともなって、1988年に「宇治小倉工場」へ改称されています。

宇治小倉工場では、主にトランプ・花札の製造や、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務が行われていましたが、2016年11月にはそれら業務は現在の宇治工場に移管。役目を終えた宇治小倉工場は、用地および建屋利用が検討されていました。

任天堂株式会社 ニュースリリース :2021年6月2日

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。