【E3 2021】任天堂はイベントを「楽しく魅力的なものにしたい」

2021年6月、2年ぶりに開催される世界最大級のゲームショウ“E3”(Electronic Entertainment Expo)。新型コロナウイルスの影響を考慮して完全オンラインイベントとして行われます。

任天堂も参加することが明らかになっており、任天堂アメリカ社長の Doug Bowser 氏はこのイベントを「楽しく魅力的なもの」にしたいと述べています。

その年のホリデー商戦やあるいは翌年以降に向けた目玉タイトルやサービス等が各社から発表されることから、E3 はゲーム業界において、特に注目度の高いイベントのひとつ。

任天堂も未発表タイトルや発表済タイトルの続報となる映像を公開したり、ソフトの制作に携わった開発者が直接プレイしながら内容を紹介する、もう一歩踏み込んだ「Nintendo Treehouse Live @ E3」を放送するなど、早くから動画配信に力を入れてきました。

2021年の任天堂の注目は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編や『メトロイドプライム4』らの続報、発売時期の決定があるのかどうか。

現時点では2021年下半期のスケジュールがほとんど見えていないため、この2タイトル以外でも複数の新作発表が期待されるところです。一部メディアを通じここ数年報道され続けている新型 Nintendo Switch が実際にあるのかどうかも気になるところ。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。