【APEX】スイッチ版『エーペックスレジェンズ』に必要な容量、おすすめのmicroSDカード

2021年3月10日、Nintendo Switch 版『Apex Legends』(エーペックスレジェンズ)が配信・サービス開始。

基本プレイ無料で大人気のバトルロワイヤルゲームが、いよいよスイッチでも開幕。豪華特典のついたパッケージ版『エーペックスレジェンズ チャンピオンエディション』も 3 月 18 日より発売されます(ダウンロード版の場合は 3 月 10 日)。

ただパッケージ版を購入した場合でもゲームカードは入っておらず、ゲーム本編はニンテンドーeショップから無料ダウンロードすることになります。ニンテンドースイッチ本体に十分な空き容量が必要となります。

スイッチ版『エーペックスレジェンズ』はいったいどのくらい容量が必要となるのでしょうか。またオススメのmicroSDカードは?

Nintendo Switch 版『Apex Legends』に必要な容量

任天堂によるとこのソフトをプレイするのに必要な空き容量は「20GB以上」です。またニンテンドーeショップでは、ゲームをプレイするには「30 GB以上」のダウンロードが必要です。とあります。

ストレージ要件は変更になる場合がありますが、いずれにしてもゲーム配信開始時点でかなりの容量を必要とし、スイッチ本体の保存領域では足りないことがほぼ確定しています。今後のアップデートも考えると、大容量の microSD カードがあると安心です。

配信開始日時点での必要な容量

配信開始日時点でゲーム本編に必要な容量は「18.9GB」。

おすすめのmicroSDカード 最低128GB、256GB以上あれば余裕ができる

あまりダウンロードソフトを購入しないという方の最初の1枚にオススメなのは「128GB」。価格もこなれてきて、今では2,000円前後で購入できます。128GBのカードがあれば『エーペックスレジェンズ』の今後のアップデートにも対応できますし、他のソフトも数本はダウンロードすることができます。

Nintendo Switch版『Apex Legends』の配信を記念した特別デザインの「Apex Legends 128GBサンディスク microSDXC」も発売に。最大読み込み速度100MB/s、最大書き込み速度90MB/sで、スイッチでダウンロード版をプレイするのに適した1枚。

もう少し余裕をもって「256GB」にするのもおすすめ。または一気に「512GB」にしておくと、空き容量の心配をすることなくニンテンドーeショップでの買い物を楽しめます。

256GBモデルの価格はだいたい4,000円前後。512GBになると8,000円を超えてくるので価格がまだ高いですけれど、1枚あればスイッチ世代のうちは容量の問題がほぼ解決されます。我が家は 512GB を利用中。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。